• HOME
  • エンタメ
  • “C”だけじゃなかった!? 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア
読み物

“C”だけじゃなかった!? 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

“C”だけじゃなかった!? 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

なにかと目を酷使してしまいがちな現代人。メガネやコンタクトレンズなど視力補正器具のお世話になっている人も多いかと思いますが、視力検査の時に誰もが目にするのが、大きさと方向の異なる“C”が描かれた視力検査表です。

実はこの“C”マーク、正式な名称を『ランドルト環』といい、国際眼科学会で標準指標として採用されている由緒正しいデザインなのです。

でもこの視力表、世界ではちょっと事情が異なるみたいです。

1. Cの切れ目はどちらを向いていますか?

ランドルト環
出典:Amazon – 視力表 山地式 3m

視力検査の時には、いつも聞かれるこの言葉。きっと誰もが、黒いスプーンのような器具で片目を押さえて検査を受けた経験があるはず。

この黒いスプーンのような器具、正式な名称を『遮眼子(しゃがんし)』 というのですが、遮眼子を用いた検査方法は万国共通。しかし国際基準としてのランドルト環を用いた検査表には、日本独自のバリエーションもあるようなのです。

ランドルト環と平仮名を組み合わせた『大島式』や、平仮名と数字を組み合わせた『中村式』。“双魚指標”と呼ばれる魚2匹のシルエットが平行に並んだ『山地式』など、日本独自の視力表もさまざま。

このように各国ごとに異なる文字や記号を使用した視力検査表のことを、『万国式試視力表』と呼ぶそうです。

ランドルト環と双魚指標、平仮名を組み合わせたものなど、日本独特の視力表は海外から見ると奇抜なデザインに映るかもしれませんね。

2. 国際指標だけど世界標準じゃない?

ランドルト環
出典:Snellen chart – Wikipedia

ランドルト環が国際的な標準指標として採用されたのは1909年といいますから、明治42年のこと。スイスの眼科医エドマンド・ランドルト氏によって開発されたランドルト環は、イタリアの国際眼科学会で全世界共通の標準指標として採用され、今では『国際標準ランドルト氏環』と呼ばれています。

ところが世界を見渡すと、ランドルト環を採用していない国も多く存在しています。

3. ランドルト環、実は少数派?

ランドルト環
出典:Tumbling E Eye Chart

既述のとおり、国際的な標準指標として採用されているランドルト環。しかし、必ずしも全世界共通で使用されているわけではありません。

例えば中国で視力検査表として広く用いられているのは、ランドルト環ではなくて“E”を用いた『Eチャート』と呼ばれるもの。
古典的なラテンアルファベットを基礎とした視力表で、中国のように母国語としてアルファベットを用いない国でも多く採用されているようです。

ちなみに欧米で広く用いられているのは、複数のアルファベットを用いた『スネレン指標』と呼ばれるもの。1862年にオランダの眼科医ハーマン・スネレンによって考案されたスネレン指標は、現在も多くの国で使用されています。

4. 世界の視力検査表

ランドルト環
出典:C.R.Williams Opticians Blog – New Year Resolution for Your Eyes

左から『Eチャート』、『ランドルト環』、『スネレン指標』です。
日本人にとって、一番見慣れているのはもちろんランドルト環ですが、ひと口に視力を測る指標といってもさまざまなバリエーションがあるのですね。

ちなみにランドルト環の形には規定があり、円の直径と円弧の幅、開いている幅の比率は5:1:1に定められているのだとか。

また、かつて広く用いられていた、斜めの方向に切れ目の入ったランドルト環は、被験者が答えにくいという理由から姿を消し、現在では上下左右の角度のみが使用されるようになったそうですよ。

▼その他「視力検査」にまつわる関連記事はこちらをチェック
目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』
男性向けや動物まで!思わず両目で 見たくなる『おもしろ視力表』まとめ

▼「最近物が見えにくいな…」という方、もしかしたら目の老化のせいかも?
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
Excite bit 小ネタ – 前から気になっていた視力検査の“C”にせまる
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1270439302823.html
目の辞典・治療、検査について
http://www.ocular.net/jiten/jiten013.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

コミュニケーションのツボはアイコンタクト!相手の目を見て話すコツ

コミュニケーションのツボはアイコンタクト!相手の目を見て話すコツ

コミュニケーションにおいて、アイコンタクトは重要な要素です。しかし、そうはいっても苦手な方も多いのではないでしょうか?

「アイコンタクトが大切なことはわかっていても、どこを見ていいのかわからず視線をそらしがち」「目ばかり見ていると恥ずかしくなってくる」とアイコンタクトの取り方で悩んでいるときに試してみたい、相手の目を見て話すコツをご紹介します!

ビジネスにおいてアイコンタクトはなぜ重要?

アイコンタクト_02

アイコンタクトをしっかり取ることはビジネスにおいてとても重要です。目と目を合わせることで、相手が自分の話していることを理解しているかどうかを判断することも、相手の話をきちんと聞いていることを伝えることもできます。

友人や家族とのコミュニケーションであれば、アイコンタクトを取らなくても「恥ずかしがり屋だから」と許してもらえるでしょう。

しかし、ビジネスにおいては「信用できない」「心ここにあらず」と思われてしまう可能性があり、アイコンタクトがなければリスクの高いコミュニケーションとなってしまうのです。

アイコンタクトを取らないと絶対にコミュニケーションが取れないわけではありませんが、営業などで想いを伝えたいときや、相手から何かを引き出したいときにはアイコンタクトが大切であることは覚えておきましょう。

会話中のアイコンタクトは目を見なくてもOK

アイコンタクト_03

会話中のアイコンタクトでは、目を見なくてもOKです。特に流れるように会話を繰り広げているようなときには、目をじっと見つめていると、相手に威圧感を与えてしまう可能性もあるため、適度に視線をそらすこともポイントになります。

会話の中で覚えていてほしいことや確認したいことでは、相手の目をしっかりと見つめてアイコンタクトを取る必要がありますが、そうでないときには、眉間の辺りに視線を合わせてぼんやりと見つめるようにしてみましょう。

目をハッキリ見ているわけではないので気恥ずかしさは和らぎ、相手の目の辺りを見ていることで「目を見て話をしている」印象を与えることができます。

アイコンタクトを取るコツ

アイコンタクト_04

アイコンタクトを取るコツは、眉の辺りをぼんやりと見るようにすることもひとつですが、「アイコンタクトを取るぞ」と目で見ることに意識を向けるのではなく、会話の内容や、自分の心・考えに意識を集中させるのも一手です。

目で見ることから意識がそれることで、「どこを見たらいいのだろう」「顔の表情はどうしたらいいかな」といったことを考えずに会話を続けられるようになります。

また、相手の目を見るときも、30秒程度で視線を外すようにするのがコツです。41秒以上見つめ続けると相手に圧迫感を与えてしまうという研究結果も出ているため、ここぞというときだけ相手の目を見て、スッと視線を外すのがポイントになります。

アイコンタクト_05

コミュニケーションのツボであるアイコンタクトですが、見つめ続けすぎるのもマイナスイメージにつながってしまいます。

相手の目を見ることを苦手に感じているなら、まずは眉間の間に視線を持っていき、相手を見ることではなく会話や自分の考えに意識を向けてみてください。

それに慣れてきたら、しっかり伝えたいことをいうときだけ30秒ほど目を見るようにして、アイコンタクトマスターを目指してみましょう!

▼コミュニケーションに関するこんな情報も見てみよう!
オランウータンとヒトの目は似ている? 共通点は “コミュニケーション”のとり方にあった!

▼仕事のし過ぎで目に疲れがたまっていませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
視線が苦手?相手の目を見られない人がやるといい2つの方法|「マイナビウーマン」
https://woman.mynavi.jp/article/140925-178/
人の目を見て話をするコツ|現役·心理カウンセラーの『知って得する心理学』+α
https://ameblo.jp/will3104/entry-11652018680.html
仕事がデキると言われている人が必ずおさえている交渉・商談の鉄則/和知鋭二郎・クロスメディア・パブリッシング(インプレス) ・2009/1/16

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ