• HOME
  • エンタメ
  • “C”だけじゃなかった!? 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア
読み物

“C”だけじゃなかった!? 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

“C”だけじゃなかった!? 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

なにかと目を酷使してしまいがちな現代人。メガネやコンタクトレンズなど視力補正器具のお世話になっている人も多いかと思いますが、視力検査の時に誰もが目にするのが、大きさと方向の異なる“C”が描かれた視力検査表です。

実はこの“C”マーク、正式な名称を『ランドルト環』といい、国際眼科学会で標準指標として採用されている由緒正しいデザインなのです。

でもこの視力表、世界ではちょっと事情が異なるみたいです。

1. Cの切れ目はどちらを向いていますか?

ランドルト環
出典:Amazon – 視力表 山地式 3m

視力検査の時には、いつも聞かれるこの言葉。きっと誰もが、黒いスプーンのような器具で片目を押さえて検査を受けた経験があるはず。

この黒いスプーンのような器具、正式な名称を『遮眼子(しゃがんし)』 というのですが、遮眼子を用いた検査方法は万国共通。しかし国際基準としてのランドルト環を用いた検査表には、日本独自のバリエーションもあるようなのです。

ランドルト環と平仮名を組み合わせた『大島式』や、平仮名と数字を組み合わせた『中村式』。“双魚指標”と呼ばれる魚2匹のシルエットが平行に並んだ『山地式』など、日本独自の視力表もさまざま。

このように各国ごとに異なる文字や記号を使用した視力検査表のことを、『万国式試視力表』と呼ぶそうです。

ランドルト環と双魚指標、平仮名を組み合わせたものなど、日本独特の視力表は海外から見ると奇抜なデザインに映るかもしれませんね。

2. 国際指標だけど世界標準じゃない?

ランドルト環
出典:Snellen chart – Wikipedia

ランドルト環が国際的な標準指標として採用されたのは1909年といいますから、明治42年のこと。スイスの眼科医エドマンド・ランドルト氏によって開発されたランドルト環は、イタリアの国際眼科学会で全世界共通の標準指標として採用され、今では『国際標準ランドルト氏環』と呼ばれています。

ところが世界を見渡すと、ランドルト環を採用していない国も多く存在しています。

3. ランドルト環、実は少数派?

ランドルト環
出典:Tumbling E Eye Chart

既述のとおり、国際的な標準指標として採用されているランドルト環。しかし、必ずしも全世界共通で使用されているわけではありません。

例えば中国で視力検査表として広く用いられているのは、ランドルト環ではなくて“E”を用いた『Eチャート』と呼ばれるもの。
古典的なラテンアルファベットを基礎とした視力表で、中国のように母国語としてアルファベットを用いない国でも多く採用されているようです。

ちなみに欧米で広く用いられているのは、複数のアルファベットを用いた『スネレン指標』と呼ばれるもの。1862年にオランダの眼科医ハーマン・スネレンによって考案されたスネレン指標は、現在も多くの国で使用されています。

4. 世界の視力検査表

ランドルト環
出典:C.R.Williams Opticians Blog – New Year Resolution for Your Eyes

左から『Eチャート』、『ランドルト環』、『スネレン指標』です。
日本人にとって、一番見慣れているのはもちろんランドルト環ですが、ひと口に視力を測る指標といってもさまざまなバリエーションがあるのですね。

ちなみにランドルト環の形には規定があり、円の直径と円弧の幅、開いている幅の比率は5:1:1に定められているのだとか。

また、かつて広く用いられていた、斜めの方向に切れ目の入ったランドルト環は、被験者が答えにくいという理由から姿を消し、現在では上下左右の角度のみが使用されるようになったそうですよ。

▼その他「視力検査」にまつわる関連記事はこちらをチェック
目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』
男性向けや動物まで!思わず両目で 見たくなる『おもしろ視力表』まとめ

▼「最近物が見えにくいな…」という方、もしかしたら目の老化のせいかも?
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
Excite bit 小ネタ – 前から気になっていた視力検査の“C”にせまる
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1270439302823.html
目の辞典・治療、検査について
http://www.ocular.net/jiten/jiten013.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

手軽にプチ整形!『まぶたの脂肪吸引』のメリット・デメリットについて

手軽にプチ整形!『まぶたの脂肪吸引』のメリット・デメリットについて

今や、プチ整形で誰でも理想の目元を手に入れられる時代。まぶたの脂肪吸引も、「くっきりとした二重まぶたをつくりたい!」という女性の願いを叶える、プチ整形のひとつです。しかし、本当に効果があるのか、どのようなリスクがあるのかについては、よく分かっていない人も多いはず。

今回は、まぶたの脂肪吸引の施術方法や、メリット・デメリットについてまとめてみました。

くっきり二重を実現できる?まぶたの脂肪吸引とは

まぶたの脂肪吸引は、厚く垂れ下がったまぶたの脂肪を取り除き、パッチリ目元やくっきり二重を実現するプチ整形のひとつです。

まぶたの脂肪には、まぶたの奥のほうにある眼窩脂肪(がんかしぼう)と、まぶたの表面に近い部分にあるROOFの2種類があり、まぶたの脂肪吸引ではより厚みのある眼窩脂肪を取り除きます。

まぶたの“脂肪吸引”とはいっても、まぶたの皮膚はもともと薄く、そのすぐ下に眼球があることを考えると、吸引器具を差し込んで脂肪を吸い出すのは非常に危険です。そのため、上まぶたを小さく切開し、その穴から少しずつ脂肪を引き出して取り除く方法がとられます。

腫れぼったいまぶたが改善?まぶたの脂肪吸引のメリット

まぶたの脂肪吸引_02

まぶたの脂肪吸引には、主に以下に挙げる2つのメリットがあります。

●眼窩脂肪がもともと厚い人は、目元がスッキリする

眼窩脂肪は、まぶた表面にある脂肪のROOFに比べれば、しっかりと厚みのある脂肪です。そのため、もともと眼窩脂肪が厚い人や、眼窩脂肪が二重線にかかるほど垂れ下がっている人の場合は、まぶたの脂肪吸引により眼窩脂肪を除去することで、目元がスッキリと見えることがあります。

●埋没法の効果を高める

埋没法とは、医療用の細い糸を用いてまぶたを内側から留め、くっきりとした二重をつくるプチ整形のひとつです。メスを使わず、ほかの施術に比べて目への負担も少ないことから、人気を集めています。

ただし、ただまぶたを糸で留めているだけなので、糸がゆるんだりたるんだりする可能性があることは、埋没法のデメリットのひとつ。術後の経過とともにまぶたの脂肪の重みや重力の影響を受け、希望通りのくっきりとした二重にならないこともあります。

しかし、まぶたの脂肪吸引によってあらかじめ眼窩脂肪を除去しておけば、より埋没法の効果を高めることができます。クリニックによっては、埋没法とまぶたの脂肪吸引がセットになっているところもあるようです。

本当に効果があるの?まぶたの脂肪吸引のデメリット

まぶたの脂肪吸引_03

まぶたの脂肪吸引には一定の効果が現れる人もいる一方で、以下に挙げる3つのデメリットもあります。

●施術に向いている人と向いていない人がいる

前述の通り、眼窩脂肪はまぶたの奥にある脂肪なので、たとえ取り除いたとしても、よほど眼窩脂肪に厚みがある人やかなり垂れ下がっている人でない限り、見た目にはっきりとした効果は現れません。

二重への影響は、まぶた表面に近いROOFや目周辺の眼輪筋のほうが大きいので、まぶたの脂肪吸引単独では、期待するほどの効果が得られないことも少なくないのです。

また、そもそも、小さく切開したくらいの穴では脂肪が十分に取り除けないと考える医師もいます。

●脂肪を取り過ぎると逆効果になる

眼窩脂肪の厚みが標準程度の人、または、標準より薄い人にまぶたの脂肪吸引を施すと、脂肪を取り過ぎてしまう可能性があります。将来的に目の上がくぼみやすくなることにつながるので、美容の観点からいえばむしろ逆効果だといえるでしょう。

●ダウンタイムを考慮する必要がある

ダウンタイムとは、施術を受けた後、日常生活に復帰できるまでの期間を指します。代表的なダウンタイムの症状は痛みや腫れ、内出血などで、これらはもちろん、まぶたの脂肪吸引後も起こる可能性があります。

ダウンタイムの期間や症状は施術方法によって異なりますが、同じ施術方法でも医師の技術力によって差が出ることもあります。そのため、信頼できるクリニックで施術を受けることが大変重要です。

プチ整形には、高額なお金を払ったにもかかわらず、効果が出なかったり、失敗してしまったりするリスクももちろんあります。施術を受ける前に、本当に必要なことかよく考え、自分の体のことをきちんと考えてくれる医師に相談することをおすすめします。

▼整形せずに魅力的な目元をつくる方法ってあるの!?
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)
美人やイケメンは自分で作る時代!NO整形で目と眉毛を近づける裏技
カワイイはつくれる!目を大きく見せる涙袋の作り方
「アイプチ」ユーザー必見!自然な二重を作るコツと注意点まとめ

<参考>
二重プチ整形にまぶたの脂肪吸引は必要? クリニック別の手術プラン
https://nicoly.jp/article/817
脂肪とり、厚みとり|まぶたをむくみにくく二重を取れにくくする方法
http://www.motobi.jp/treatment/1718/
まぶたの脂肪吸引は効果が少ない!医師が教える効果と注意点
http://kirei-kyokasho.com/eyelid-liposuction-2354#i-2
埋没法とは|人気医師が答える二重の整形エトセトラ
http://www.sbc-futae.com/maibotsu.html
美容整形のダウンタイムとは?
https://www.biyou-antiageing.net/faq/faq008/
腫れぼったい目元もすっきり!まぶたの脂肪吸引の施術まとめ
https://nicoly.jp/article/6251

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ