• HOME
  • エンタメ
  • 驚きの錯視や騙し絵を利用した世界の『トリック広告』まとめ【前編】
読み物

驚きの錯視や騙し絵を利用した
世界の『トリック広告』まとめ【前編】

驚きの錯視や騙し絵を利用した<br />世界の『トリック広告』まとめ【前編】

トリックアートとも呼ばれる、騙し絵の世界。

人間の視覚がおよぼす錯覚を利用することで、思いもよらない効果を発揮するトリックアートは、ビジュアルが重要な意味を持つ広告とも親和性の高いジャンルといえます。
深いメッセージ性を持つものから驚きの発見があるものまで、前後編に分けてクリエイティブな広告をご用意しました。
あなたの目をひきつける広告は、あるでしょうか?

1. 描かれている動物はなんですか?

trickad_01
出典:VISUAL NEWS : Flipping Awesome: Jeep’s New Campaign is Just as Cool Upside Down

フランスの広告代理店レオ・バーネットによる、『Jeep』のプリント広告です。
一見するとシカの顔が描かれているだけのように見えますが、よく見ると、上下に反転された『Jeep』のロゴが書かれており、「See whatever you want to see.(あなたが見たいと思うものを見てください)」というコピーが添えられています。

さて、このポスターを上下反転させると、なにが見えてくるでしょうか?

trickad_02
出典:VISUAL NEWS : Flipping Awesome: Jeep’s New Campaign is Just as Cool Upside Down

一見すると、ゾウの顔のように見えますが……。

trickad_03
出典:VISUAL NEWS : Flipping Awesome: Jeep’s New Campaign is Just as Cool Upside Down

こちらはキリンの顔のように見えますね。

2. 路面の少女がドライバーに注意喚起?


You’re Probably Not Expecting a Child to Run Out On the Road

スクールゾーンの交通安全は、児童はもちろん、家族や学校関係者にとっても不安の尽きない問題です。

カナダのBCAA交通安全財団は、ブリティッシュコロンビア州ウエストバンクーバーとの共同により、錯視を利用した交通安全のプロモーションを行いました。
路面に描かれた通学中の少女の肖像は、100フィート(約30メートル)の距離で浮かび上がり、徐々にドライバーの視界から消えていきます。
思わずブレーキを踏まずにはいられない、秀逸な演出といえるでしょう。

【参考】
Ads of the World‐BCAA, Preventable:Pavement Patty

3. オレオがいっぱい

trickad_04
出典:Ads of the World‐Oreo: Optical Illusion

ハーマングリッド現象と呼ばれる格子錯視の中でも、特に“きらめき格子”と呼ばれる錯視を利用した『オレオ』の広告です。
とてもシンプルなビジュアルですが、オレオ好きの方々にとっては、キラキラと無数のオレオが輝いて見えるのかもしれません。

4. どれが本物?


samsung printers optical illusion ibelieveinadv.com

韓国の総合家電メーカー『サムスン電子』がブラジルで制作した、プリンターのバイラル広告です。
あなたには、どれがプリントされたものかわかりますか?

5. 客観性が大切です

trickad_05
出典:Ads of the World‐Le Point: Optical illusion

1972年創刊のフランスの週刊誌『ル・ポワン(Le Point)』の広告です。
ポスターの上部には、「Pour décrypter l’info, il faut prendre un peu de distance…(情報を解読するためには距離をとる必要があります)」というコピーが書かれており、少し距離を置いてポスターを眺めると、規則的に並べられたドットの中に「INFO」という文字が浮かび上がるという仕掛けです。
情報は鵜呑みにせず、少し距離を置いて客観的に眺めることが重要なのですね。

次回、後編もお楽しみに。楽しいだけではなく、考えさせられるトリッキーな広告を交えてご紹介します。

視力が悪い人にしか見えない画像

下の画像には何が書いてあるかわかりますか?

tetrachromacy2_02

実はこの画像、視力が悪い人にしか見えないんです。メガネやコンタクトを外したら見えるかも?

もっと見たい方はこちらへ!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

“動物+目”の由来は何?『目』のつく名字まとめ

“動物+目”の由来は何?『目』のつく名字まとめ

珍しい名字も多い『目』のつく名字。そのなかでも、今回は“動物+目”がつく名字ばかりを集めました。調べてみると意外と多く出てくる“動物+目”のつく名字の由来や、その名字の方が多く見られる都道府県などをまとめてご紹介します。

福島県に多い?『馬目』さん

目のつく名字_02

馬目=まのめと読む、『馬目』さんは、磐城(いわき)国磐城郡馬目村がルーツといわれています。磐城国磐城郡馬目村は、福島県の東側と宮城県南部に位置していた村。そのため『馬目』さんは、現在も福島県いわき市に多くいらっしゃるようです。

『猪目』さんは方位が由来?!

目のつく名字_03

鹿児島県に行くと出会えるという『猪目』=いのめさん。鹿児島県姶良(あいら)郡発祥の名字だといわれており、「猪がたくさん生息している地域だったから」「亥の方位にいたから」などの起源があるとされています。

太平記にも記されている『鹿目』さん

目のつく名字_04

南北朝時代の軍記物語である太平記には『鹿目』という記述があり、高階氏(たかしなうじ)高氏族のことを指しているそうです。『鹿目』は、かめ/かのめ、と読みます。現在では、福島県会津若松市を中心に福島県で多く見られる名字となっています。

発祥は鹿児島県といわれている『獅子目』さん

目のつく名字_05

大隅国肝属(きもつき)郡獅子目邑が発祥の地とされている『獅子目』=ししめ/しじめさん。大隅国肝属郡は、今の鹿児島県東部にあたります。

志々女氏の本領がその地にあり、漢字が変化して獅子目になったのではないか、という説が有力なようです。由来を裏付けるように、現在では宮崎県や鹿児島県で多く見られる名字です。

“動物+目”の名字を持つ方に出会ったら、出身地をうかがってみるとおもしろいかもしれませんね。日本にはまだまだ珍しい“目”のつく名字の方がいらっしゃいます。

自分の名字や友人の名字、ふと耳にした名字など気になったときに調べてみると、意外な共通点が見えてくるかもしれませんよ!

▼こちらの記事では、珍しい『目』のつく名字をご紹介しています!
どう読むの?!意外と多い『目』のつく珍しい名字まとめ

▼文字そのものが読みにくい…という方はもしかして?
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
名字検索No.1/名字由来net|日本人の名字(苗字)98%以上を掲載!!
https://myoji-yurai.net
太平記(たいへいき)とは – コトバンク
https://kotobank.jp/word/太平記-91961

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ