• HOME
  • エンタメ
  • 驚きの錯視や騙し絵を利用した世界の『トリック広告』まとめ【前編】
読み物

驚きの錯視や騙し絵を利用した
世界の『トリック広告』まとめ【前編】

驚きの錯視や騙し絵を利用した<br />世界の『トリック広告』まとめ【前編】

トリックアートとも呼ばれる、騙し絵の世界。

人間の視覚がおよぼす錯覚を利用することで、思いもよらない効果を発揮するトリックアートは、ビジュアルが重要な意味を持つ広告とも親和性の高いジャンルといえます。
深いメッセージ性を持つものから驚きの発見があるものまで、前後編に分けてクリエイティブな広告をご用意しました。
あなたの目をひきつける広告は、あるでしょうか?

1. 描かれている動物はなんですか?

trickad_01
出典:VISUAL NEWS : Flipping Awesome: Jeep’s New Campaign is Just as Cool Upside Down

フランスの広告代理店レオ・バーネットによる、『Jeep』のプリント広告です。
一見するとシカの顔が描かれているだけのように見えますが、よく見ると、上下に反転された『Jeep』のロゴが書かれており、「See whatever you want to see.(あなたが見たいと思うものを見てください)」というコピーが添えられています。

さて、このポスターを上下反転させると、なにが見えてくるでしょうか?

trickad_02
出典:VISUAL NEWS : Flipping Awesome: Jeep’s New Campaign is Just as Cool Upside Down

一見すると、ゾウの顔のように見えますが……。

trickad_03
出典:VISUAL NEWS : Flipping Awesome: Jeep’s New Campaign is Just as Cool Upside Down

こちらはキリンの顔のように見えますね。

2. 路面の少女がドライバーに注意喚起?


You’re Probably Not Expecting a Child to Run Out On the Road

スクールゾーンの交通安全は、児童はもちろん、家族や学校関係者にとっても不安の尽きない問題です。

カナダのBCAA交通安全財団は、ブリティッシュコロンビア州ウエストバンクーバーとの共同により、錯視を利用した交通安全のプロモーションを行いました。
路面に描かれた通学中の少女の肖像は、100フィート(約30メートル)の距離で浮かび上がり、徐々にドライバーの視界から消えていきます。
思わずブレーキを踏まずにはいられない、秀逸な演出といえるでしょう。

【参考】
Ads of the World‐BCAA, Preventable:Pavement Patty

3. オレオがいっぱい

trickad_04
出典:Ads of the World‐Oreo: Optical Illusion

ハーマングリッド現象と呼ばれる格子錯視の中でも、特に“きらめき格子”と呼ばれる錯視を利用した『オレオ』の広告です。
とてもシンプルなビジュアルですが、オレオ好きの方々にとっては、キラキラと無数のオレオが輝いて見えるのかもしれません。

4. どれが本物?


samsung printers optical illusion ibelieveinadv.com

韓国の総合家電メーカー『サムスン電子』がブラジルで制作した、プリンターのバイラル広告です。
あなたには、どれがプリントされたものかわかりますか?

5. 客観性が大切です

trickad_05
出典:Ads of the World‐Le Point: Optical illusion

1972年創刊のフランスの週刊誌『ル・ポワン(Le Point)』の広告です。
ポスターの上部には、「Pour décrypter l’info, il faut prendre un peu de distance…(情報を解読するためには距離をとる必要があります)」というコピーが書かれており、少し距離を置いてポスターを眺めると、規則的に並べられたドットの中に「INFO」という文字が浮かび上がるという仕掛けです。
情報は鵜呑みにせず、少し距離を置いて客観的に眺めることが重要なのですね。

次回、後編もお楽しみに。楽しいだけではなく、考えさせられるトリッキーな広告を交えてご紹介します。

視力が悪い人にしか見えない画像

下の画像には何が書いてあるかわかりますか?

tetrachromacy2_02

実はこの画像、視力が悪い人にしか見えないんです。メガネやコンタクトを外したら見えるかも?

もっと見たい方はこちらへ!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

【動画あり】目にカメラを埋め込んだ”アイボーグ”は実在する?!

【動画あり】目にカメラを埋め込んだ”アイボーグ”は実在する?!

「目にカメラ機能がつけられていて、見たものをそのまま撮影できる」そんなSF映画やゲームの世界を実現させた映画作家がいます。自らをアイボーグと呼ぶ彼は、今後さらに改良したカメラでさまざまなことを実現させたいと考えているそうです。

今回は、アイボーグを含め、身体にマイクロデバイスなどを埋め込んで過ごすバイオハッカーについてご紹介します。

アイボーグになった映画作家

カナダ在住のロブ・スペンス(Rob Spence)さんは、子どもの頃に失明した片目に小さなカメラを入れ、撮影ができるようにしています。まだまだ撮影時間も短いのですが、今後は長時間の撮影ができるようにしていくなど、さまざまな構想を練っているそうです。

マイクロチップを埋め込んで電気信号で“見える”ようになる?

※【閲覧注意】手術映像が含まれています。

アイボーグのロブ・スペンスさんのドキュメンタリー映像には、目が見えない方が目の中にマイクロチップを埋め込み、電気信号を脳に送れるようにした話が収録されています。実験の結果は、物の形を見て何が目の前にあるのかわかるようになり、成功だったそうです。

盲目の方も手術によってものが見えるようになる、そんな時代がもう目の前にあるのかもしれません。

バイオハッカーって何?

アイボーグ_02

バイオハッカーとは、皮膚の下にマイクロデバイスなどを埋め込む人の総称です。中には、LEDのシリコンインプラントを入れて手が光るようにする人や、専用の機械にかざすと決済ができる認証チップを入れる人もいます。

身ひとつで鉄道に乗り放題!

アイボーグ_03

皮膚の下に、認証チップを入れた人が実際にそのチップで決済をし、鉄道に乗れる国があります。その国とは、スウェーデンです。

国営の鉄道会社では、体内に埋め込まれた認証チップをスキャンする料金支払い方式を導入しています。お金やクレジットカードなど支払いができるアイテムを何も持たなくても、鉄道に乗れるようになっているのです。

健康への影響も懸念されている皮膚の下に埋め込むマイクロデバイス。いずれはそうした問題もクリアされ、誰もが身体に埋め込まれたチップによって決済などもすべてできるようになる、そんな未来がやってきそうです!

▼未来が見えてくるようなハイテクアイテムについてまとめた記事はこちらもおすすめです!
まるでSFの世界! 3Dプリンターでハイテク義眼を印刷するプロジェクト
ウインクするだけで写真が撮れる!?世界最速ウェアラブルカメラ『BLINCAM』とは
点字のスマートウォッチ、睡眠効果UPのアイマスク……視覚に関するウェアラブル・デバイスの進化がすごい!

▼技術は発展しても、人間の目はそうはいきません…目の疲れにはご注意を!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
マイクロチップを身体に埋め込んで自分を“アップグレード”する若者たち | クーリエ・ジャポン
https://courrier.jp/news/archives/892/
The Eyeborg Project
http://eyeborgproject.tv/
TEDXBrussels – Rob Spence – Eyeborg, the Enhanced Self – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=CfCS-YcD-O4
「体内Suica」で乗り放題! スウェーデンの鉄道が新システムを導入 | BUSINESS INSIDER JAPAN
http://www.businessinsider.com/heres-why-body-hacking-is-taking-off-2015-7?utm_source=intl&utm_medium=ingest

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ