• HOME
  • エンタメ
  • 驚きの錯視や騙し絵を利用した世界の『トリック広告』まとめ【前編】
読み物

驚きの錯視や騙し絵を利用した
世界の『トリック広告』まとめ【前編】

驚きの錯視や騙し絵を利用した<br />世界の『トリック広告』まとめ【前編】

トリックアートとも呼ばれる、騙し絵の世界。

人間の視覚がおよぼす錯覚を利用することで、思いもよらない効果を発揮するトリックアートは、ビジュアルが重要な意味を持つ広告とも親和性の高いジャンルといえます。
深いメッセージ性を持つものから驚きの発見があるものまで、前後編に分けてクリエイティブな広告をご用意しました。
あなたの目をひきつける広告は、あるでしょうか?

1. 描かれている動物はなんですか?

trickad_01
出典:VISUAL NEWS : Flipping Awesome: Jeep’s New Campaign is Just as Cool Upside Down

フランスの広告代理店レオ・バーネットによる、『Jeep』のプリント広告です。
一見するとシカの顔が描かれているだけのように見えますが、よく見ると、上下に反転された『Jeep』のロゴが書かれており、「See whatever you want to see.(あなたが見たいと思うものを見てください)」というコピーが添えられています。

さて、このポスターを上下反転させると、なにが見えてくるでしょうか?

trickad_02
出典:VISUAL NEWS : Flipping Awesome: Jeep’s New Campaign is Just as Cool Upside Down

一見すると、ゾウの顔のように見えますが……。

trickad_03
出典:VISUAL NEWS : Flipping Awesome: Jeep’s New Campaign is Just as Cool Upside Down

こちらはキリンの顔のように見えますね。

2. 路面の少女がドライバーに注意喚起?


You’re Probably Not Expecting a Child to Run Out On the Road

スクールゾーンの交通安全は、児童はもちろん、家族や学校関係者にとっても不安の尽きない問題です。

カナダのBCAA交通安全財団は、ブリティッシュコロンビア州ウエストバンクーバーとの共同により、錯視を利用した交通安全のプロモーションを行いました。
路面に描かれた通学中の少女の肖像は、100フィート(約30メートル)の距離で浮かび上がり、徐々にドライバーの視界から消えていきます。
思わずブレーキを踏まずにはいられない、秀逸な演出といえるでしょう。

【参考】
Ads of the World‐BCAA, Preventable:Pavement Patty

3. オレオがいっぱい

trickad_04
出典:Ads of the World‐Oreo: Optical Illusion

ハーマングリッド現象と呼ばれる格子錯視の中でも、特に“きらめき格子”と呼ばれる錯視を利用した『オレオ』の広告です。
とてもシンプルなビジュアルですが、オレオ好きの方々にとっては、キラキラと無数のオレオが輝いて見えるのかもしれません。

4. どれが本物?


samsung printers optical illusion ibelieveinadv.com

韓国の総合家電メーカー『サムスン電子』がブラジルで制作した、プリンターのバイラル広告です。
あなたには、どれがプリントされたものかわかりますか?

5. 客観性が大切です

trickad_05
出典:Ads of the World‐Le Point: Optical illusion

1972年創刊のフランスの週刊誌『ル・ポワン(Le Point)』の広告です。
ポスターの上部には、「Pour décrypter l’info, il faut prendre un peu de distance…(情報を解読するためには距離をとる必要があります)」というコピーが書かれており、少し距離を置いてポスターを眺めると、規則的に並べられたドットの中に「INFO」という文字が浮かび上がるという仕掛けです。
情報は鵜呑みにせず、少し距離を置いて客観的に眺めることが重要なのですね。

次回、後編もお楽しみに。楽しいだけではなく、考えさせられるトリッキーな広告を交えてご紹介します。

視力が悪い人にしか見えない画像

下の画像には何が書いてあるかわかりますか?

tetrachromacy2_02

実はこの画像、視力が悪い人にしか見えないんです。メガネやコンタクトを外したら見えるかも?

もっと見たい方はこちらへ!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

絵も3Dで表現できる時代になった!VRアートで今までになかった世界を体験しよう

絵も3Dで表現できる時代になった!VRアートで今までになかった世界を体験しよう

VRアートというものをご存じでしょうか?VRアートとは、バーチャルリアリティ(VR)の空間に、なんと3Dの絵を描いた作品のことをいいます。

今まで絵画は二次元でしたが、VRアートになれば立体的な作品になりますので、アートを”体感”することができるのです。そこで今回は、VRアートの作品や制作風景についてご紹介します。

世界初のVRアートの展覧会はサンフランシスコで開催

VRアート_02

VRアートはすでに世に広まっており、2015年6月にはサンフランシスコで初のVRアート展覧会が開催されました。今まで絵画の展覧会というと「目で見るだけ」の鑑賞でしかありませんでしたが、VRアートは三次元の空間で、自分が好きなように絵を描き、まるで絵の中に入り込むような体験ができます。

VRアートは絵を描いて終わり、という訳ではありません。描いた絵はスマホアプリを通じて共有することができます。そして「Google Cardboard」というツールを使えば、VRとして体験することもできるのです。これは紙の絵画ではなくVRだからこそ実現できることですね。

VRアートで個展を開催している”せきぐち あいみ”さん

日本ではVRアーティストとして世界初VR個展を開催されています。せきぐちさんは普段、YouTuberとしてSDペンアート動画を投稿する等の活動をされています。

こちらが、せきぐちあいみさんのVRアート(イルミネーション)の作品です。

【VR Art#12】イルミネーション/ illumination(HTC Vive/TiltBrush)

また、下の動画はVRアートの制作風景です。三次元の中で日本庭園を描かれています。一見、何も作られていないように見えてしまいますが、ヘッドセットを装着した先の世界はとても綺麗な日本庭園のVRアート作品が広がっています。

【VR Art#3】空飛ぶ日本庭園/Flying Japanese Garden(HTC Vive/TiltBrush)

そしてこちらはもうひとつのVRアートの制作風景です。「風神雷神」という作品になります。実際に筆で描かれている訳ではないですが、細部まで立体的に描かれていますね。

【VR Art#6】風神雷神/Wind and Thunder Gods(HTC Vive/TiltBrush)

いかがでしたか?幅広い業界で注目されているVRですが、VRの世界で三次元の絵を描くということも話題を呼んでいます。気になる方はぜひ、他のVRアートの作品をご覧になってみてはいかがでしょうか。

▼楽しくても見るのはほどほどに…。
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

▼VRやアートに関する記事はコチラ!
まるでその場所にいるような臨場感! 今話題の”VR”を体験できるコンテンツ3選
VRは子どもの目には危険?!斜視になるリスクとは?
子どもの色彩感覚を伸ばす秘密は身の回りの環境にある?
ゲームにスマホ…疲れている子どもの目は『妖怪ストレッチ動画』でケア

【参考】
Mogura VR 世界初のVRアート展覧会がサンフランシスコで開催。絵画は鑑賞から体験へ
http://www.moguravr.com/worlds-first-virtual-reality-painting-exhibition/
GREEN FUNDING byT-SITE 世界初!?VRアートの個展を開きたい!人気美人YouTuber せきぐちあいみがVRアートの魅力を伝えます
https://greenfunding.jp/lab/projects/1751

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ