• HOME
  • エンタメ
  • 視覚障がい者に大人気のスポーツ ブラインドサッカーはこんなにおもしろい!
読み物

視覚障がい者に大人気のスポーツ ブラインドサッカーはこんなにおもしろい!

視覚障がい者に大人気のスポーツ ブラインドサッカーはこんなにおもしろい!

視覚障がいのある方も楽しめるスポーツの中でも、とても人気があるのが「ブラインドサッカー」です。こちらは通称“ブラサカ”とも呼ばれ、障がいを持つ選手だけでなく、健常者とともに同じピッチで戦うことのできるスポーツです。今回はそんなブラインドサッカーの魅力に迫ります。

ブラインドサッカーってどんな競技?

ブラインドサッカーは1980年のはじめに誕生し、ヨーロッパや南米を中心に親しまれ、日本では2001年頃から広まりました。国内での歴史はまだ浅いものの、視覚障がい者と晴眼者(視覚健常者)が力を合わせてプレーができるという魅力がある、フットサルのルールを基本とした5人制のミニサッカー競技です。

大切なのは、“声”によるコミュニケーション!

チームは4人のフィールドプレーヤーとゴールキーパー、監督、コーラーの7人で編成されます。そのうちゴールキーパーや監督、コーラーは晴眼者がつとめ、 “声”を使って選手たちをサポートしていきます。

とくに特徴的なのは、このコーラー(ガイド)の存在! 敵陣ゴールの裏に立ち、攻撃の場面では選手に「5m、45度、シュート!」というように、ゴールの位置と距離、角度、シュートのタイミングなどを的確に伝えていきます。
監督はサイドフェンスの向こうに立ち、選手の交代といった監督業のほかに、ピッチ中盤にいるフィールド選手への指示をこちらも声で伝えます。同様にゴールキーパーもゴールを守るだけでなく、試合の状況などをつねにフィールド選手にガイドする役割も兼任しています。
選手たちのサッカー技術はもちろんですが、選手間のコミュニケーションが勝敗を分けると言っても過言ではないくらい、“声”が重要なツールだということがわかりますね!

ブラインドサッカーの基本ルールとは?

視覚の見え方には個人差があるため、フィールド選手は全員目の上にアイパッチをはり、アイマスクを着用します。
ただし、国際大会では全盲と判断された人しか出場できません。国内大会では競技の普及という面もあり、アイマスクを着用することで全員が同じ条件になるようにしているのです。

使用するコート、ボールのサイズはフットサルと同じです。ボールは転がると音が出るようになっているため、選手たちはその音で位置や転がりを判断します。また、ボールを持った相手に向かっていくときは、必ず「ボイ!」(スペイン語で「行く」の意味)と声をかけ、選手の存在や危険を知らせなければいけません。このかけ声を発しないと、ファールをとられてしまいます。

ブラインドサッカーを応援しよう!

実際にブラインドサッカーを体験したり観戦した人たちの声を聞いてみましょう。

プロサッカー選手もコメント!

ブラインドサッカーは、“声”や“音”が手掛かりとなるスポーツのため、プレー中は静かに観戦するのがマナー。でも、得点が入ったときは大声で声援を送ったり、拍手などで選手を称えたりして、楽しむことができます。ぜひ、ブラインドサッカーの世界を、一度のぞいてみてください!

【参考】
JBFA日本ブラインドサッカー協会公式サイト
http://www.b-soccer.jp/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!

『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!

出典:ODDYTYCENTRAL COLLECTING ODDITIES−Tetrachromat Artist Can See 100 Times More Colors Than an Average Human

4色型色覚』という特殊な能力を持つ、女性アーティストの存在をご存知ですか?

彼女が描く美しい絵を通して、私たち常人では見ることができない不思議な色彩の世界を垣間見ることができるのです。もしかしたら、今まで見ていた世界がガラリと変わる……、かも?

彼女の見える色は、普通の人の100倍!

人間の目に見えるのは、通常3原色と言われていますが、アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住む画家のConcetta Antico(コンセッタ・アンティコ)さんは、それより1色多い4原色の色覚を持っています。そんな彼女の描く絵は、とにかく色彩が豊か!

それもそのはず、なぜなら彼女は、常人が見ることができる100万色の100倍にあたる1億色を見ることができるからなのです。

では、そもそもなぜ彼女が4原色の色覚を持つことがわかったのでしょうか?
それは、2012年に彼女の主催する絵画教室に参加していた神経学者のWendy Martin(ウェンディ・マーチン)博士が、彼女の描く絵のランダムで不思議な色使いに「なぜこの色を選んだの?」と質問をしたことから始まります。これに対して彼女は、「あなたには、この黄色と紫と青が見えないの?」と答えたんだそう。しかし周囲の人々にとって、そのモチーフ(対象物)は、黄色一色にしか見えなかったんだとか。

彼女は、ほかの人には見ることができないけれど、自分の目に映る色を忠実に絵で表現していたんですね。
その後、色覚の研究をしているワシントン大学医学部のJay Neitz(ジェイ・ナイツ)博士によって、彼女は4色型色覚の持ち主であることが確認されたのです。

彼女だけが見える、4色型色覚の世界とは……?

百聞は一見に如かず!そんな彼女の描く素晴らしい絵の数々を、ご紹介しましょう。

tetrachromacy_02

Galaxy a Go-Go!

tetrachromacy_03

Bulging Budgie Branch!

tetrachromacy_04

Beautiful & Rare… (The Black Swan)

tetrachromacy_05

A Tetrachromat Moon 12-28-12 at 11:52 pm

tetrachromacy_06

Peacock In Heaven’s Meadow…

出典:concetta antico−The Art

彼女の目を通して描かれた4色型色覚の世界は、なんとも言えない魅力的な色彩で溢れています。これらの作品以外にも、下記の彼女のサイトから詳しく見ることができますよ!

concetta antico

4色型色覚は、才能のひとつ!?

ちなみに先述のナイツ博士によると、この力は女性だけが持つことができる能力である可能性が高いのだとか。

一方で、この4原色の色覚は、「世界の女性の2~3%が持っているかもしれない」という説や、「いや、女性は50%で男性は8%が4色の光色素を持つのだ」といった説も……。まだ詳しく解明されていないのが実情ですが、この類まれな能力を持つ彼女は、まさに絵を描くために生まれてきた、といっても過言ではないのかもしれませんね!

特殊な色覚を持つ人々の世界をのぞいてみよう!

4色型色覚の他にも特殊な色覚を持つ人々が存在します。彼らの目に世界はどのように映っているのか、のぞいてみましょう。

▼色覚異常の人々の世界はこちら
色のない世界ってどんなもの? 色覚異常を持つ人のモノの見え方を疑似体験

▼色覚障害のカメラマンの見る世界はこちら
まるで『グリム童話』の世界。 色覚障害を持つカメラマンが写しだす風景が幻想的

▼近視の人の見る世界はこちら
視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的

▼子どもの目にも注意を向けてみて
気づいてる?気づいていない!子どもの目 実態調査(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
BUZZAP!−4原色の色覚を持ち、常人の100倍の1億色を視ることのできる女性画家
http://buzzap.jp/news/20141029-concetta-antico-tetrachromat/
ODDYTYCENTRAL COLLECTING ODDITIES−Tetrachromat Artist Can See 100 Times More Colors Than an Average Human
http://www.odditycentral.com/art/tetrachromat-artist-can-see-100-times-more-colors-than-an-average-human.html
Tokyo Fuku−blog−4原色の視覚をもつ女性見つかる
http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2012/06/post-e30b.html

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ