• HOME
  • エンタメ
  • 顔のシミはスマホの見すぎが原因?「スマホ焼け」から肌を守ろう
加齢

顔のシミはスマホの見すぎが原因?「スマホ焼け」から肌を守ろう

顔のシミはスマホの見すぎが原因?「スマホ焼け」から肌を守ろう

「スマホ焼け」という言葉を聞いたことはありますか?スマホ焼けとは、スマホが発するブルーライトを肌に浴びることで、日焼けしたような状態になってしまうことです。知らずに放置してしまうと、シミの原因にもなりかねません。

ブルーライトは、疲れ目や視力低下など目に悪影響を与えるため、専用のメガネなどで対策している方も多いでしょう。同じように、これからは肌を守るために「スマホ焼け」対策も必要です。

日焼けならぬ「スマホ焼け」とは

スマホやパソコンのディスプレイから発せられる光には、ブルーライトがたくさん含まれています。ブルーライトとは、人の目で見ることができる光『可視光線』の中で、もっとも短い波長(380~500nm/ナノメートル)をもつ青色光のことです。

ブルーライトの波長は不可視光線(人の目で見ることができない光)である紫外線に近く、人に与える影響も紫外線とほぼ同じである可能性が指摘されています。

紫外線を浴びると肌にメラニン色素が生成されて日焼けを起こしますが、ブルーライトでも同様の現象が発生するのです。これを「スマホ焼け」といいます。

ブルーライトは非常にエネルギーが強く、角膜や水晶体では吸収されずに網膜まで到達してしまうため、肌だけでなく目からも取り込まれてしまうリスクがあります。

恐怖!紫外線よりも濃いシミができる

ブルーライトを直接肌に浴びる、目から取り込むなどの刺激を受けると、皮膚にさまざまな影響を及ぼします。日本ロレアル株式会社の発表によれば、研究から次のようなことが判明したそうです。

・ブルーライトによる肌の変色は、非常に短時間のうちに現れる
・ブルーライトの熱量が高いほど、変色の度合いが強い
・紫外線B波(UVB)と比較すると、UVBよりブルーライトのほうが変色の度合いが強く、細胞着色も鮮明

つまり、ブルーライトを浴び続けて色素沈着が起きると、紫外線を浴びるよりも濃いシミができる可能性が高いのです。寝る前にスマホをいじってしまう習慣のある方は、すっぴんの状態で、シミを作り出すブルーライトを直接肌に浴びていることになります。考えると恐ろしいですよね。

ブルーライトからお肌を守ろう!スマホ焼け対策

では、「スマホ焼け」からお肌を守るには、何を心がけたらよいのでしょうか?スマホ焼け対策として意識したいことは次のとおりです。

【ブルーライトカット機能付きのメガネを使う】

目からブルーライトが入り込むのを防いでくれます。度が入っていないものもあるので、仕事でスマホやパソコンを見る時間が長い方は、購入を検討してみましょう。

【スマホの保護シートをブルーライトカット機能付きに】

メガネをかけるだけでは、ブルーライトが目から入り込むことは防げても、肌がブルーライトを浴びることまでは防げません。そこで、スマホに貼る保護シートをブルーライトカットできるものにするのが有効です。家電量販店や生活雑貨店などで手軽に手に入ります。

【ファンデーションをスマホ焼け対策できるタイプにする】

UVカットファンデーションのように、スマホ焼け対策ができるベースメイク用品もあります。日々のメイクに取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介したようにスマホ焼け対策はいくつもありますが、一番は効果的なのは、スマホを見る時間を少なくすることです。スマホ漬けになっている自覚がある方は、自身で使用時間を調整し、ブルーライトから目や肌を守りましょう。

▼スマホから目を守る方法を知りたい方はこちらの記事もどうぞ!
たったこれだけで目の負担が軽減!スマホと上手に付き合う3つのポイント
スマホの明かりがまぶしい!画面のライトを限界まで暗くする方法ってあるの?

▼スマホやPCで目を酷使していませんか?
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
医師が答えるQ&Aサイト【Doctors Me】|スマホ焼けってどういうこと?改めてブルーライトを知りたい!
https://doctors-me.com/doctor/column/3035
ウーマンエキサイト|スマホがしみの原因に!? お肌への影響は紫外線以上、「スマホ焼け」にご用心!
https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_E1457420988172/
ライブドアニュース|アラサーは「スマホ焼け」が深刻?「スマホ下がり肌」にも注意
http://news.livedoor.com/article/detail/14534372/
ブルーライト研究会|ブルーライトとは
http://blue-light.biz/about_bluelight/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

アイケア

最も強い可視光線『ブルーライト』が目や体に及ぼすさまざまな影響

最も強い可視光線『ブルーライト』が目や体に及ぼすさまざまな影響

「ブルーライトは目に悪い」といわれて久しく、ブルーライトカットメガネなど、ブルーライトによる目のダメージを軽減するグッズが多数開発されています。しかし実は、ブルーライトは目以外にも悪影響を及ぼすことがわかってきています。

今回はそんなブルーライトについて詳しく見ていきましょう。

可視光線の中で最も強いエネルギーを持つブルーライト

ブルーライト_02

可視光線とは、人が“光”として見ることができる、波長およそ400~700nm(ナノメートル)の電磁波のことです。可視光線は、人の目には波長の長さが短いほうから紫、青、緑、黄、橙、赤という色として認識されます。

一方で、400nmより短い波長の光を紫外線、700nmより長い波長の光を赤外線と呼び、これらの電磁波は人の目では認識することができません。

可視光線の中で一番強いエネルギーを持っているのが、波長380~500nmのブルーライトです。ブルーライトは紫外線の次に強いエネルギーを持っているため、人への影響も紫外線と同様に大きくなります。

ブルーライトを浴びることで高まるさまざまなリスク

ブルーライトが人の目や体に及ぼす影響を具体的にご紹介します。

●目の疲れ・痛み、視力低下

ブルーライトは目の網膜や角膜にダメージを与え、目の疲れや痛みを引き起こします。また、ブルーライトのダメージが網膜の中心部にある黄斑にまで達すると、黄斑が物の見え方に大きく関わる部位であることから、視力低下を引き起こす可能性もあります。

さらに、黄斑がブルーライトのダメージを受けることにより、『加齢黄斑変性』という目の病気の原因となることがあります。

●サーカディアンリズムの乱れ

ブルーライトは人体のサーカディアンリズム(体内時計)に大きく影響することがわかっており、ブルーライトにさらされ続けることでサーカディアンリズムが狂うと、睡眠の質の低下精神不安発がんリスクの上昇につながるといわれています。

たとえば、夜勤の多い看護師などの職業において乳がんリスクが非常に高くなるという報告があり、これはサーカディアンリズムの乱れによるものだと考えられています。

●肥満のリスク上昇

マウスによる実験では、夜間に光を浴びたマウスはそうでないマウスに比べ、同じカロリーの食事でも太りやすかったという研究結果があります。

夜にパソコンやスマホなどのブルーライトを発する機器を使用することで、人でも肥満のリスクが高まる可能性が考えられます。

パソコン作業は1時間ごとに10~15分の休憩を

ブルーライト_03

厚生労働省のガイドラインでは、VDT(Visual Display Terminals:ディスプレイとキーボードなどで構成される機器)作業において、次の3つを推奨しています。

①1時間を超えて連続して作業をしないこと
②連続作業ごとに10~15分程度の休止時間を取ること
③連続作業ごとの休憩のほか、1連続作業時間内で1~2回程度の小休止を取ること

パソコンなどの電子機器を使ったデスクワークでは、こまめに休憩を取るほか、パソコン作業の間に書類整理など別の作業を挟むなど、連続した長時間のVDT作業を行わないよう配慮するのがベストです。

また、寝る前にどうしても本を読みたい方は、電子書籍ではなく紙の書籍にすると、ブルーライトによる睡眠への影響を抑えられるでしょう。

デジタル機器の普及により、子どもの視力低下も急増しています。視力が低下すると、勉強で疲れやすくなり、学力の低下につながることもあります。

スマホやタブレットなどでゲームをしていると、子どもたちは疲れを忘れてついつい夢中になってしまいがち。休憩を促すなどして、親が子どもの目を守るという意識を持つことも大切だといえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。暑い夏でも紫外線対策はバッチリ!という方は多いでしょうが、オフィスなどのブルーライトには、身近だからこそつい無頓着になってしまいがちです。

現代では避けることが難しいブルーライトですが、できる限り避ける方法を知り、目や体の健康を守って、快適に過ごしたいものですね。

▼ブルーライトや目のダメージが気になる方はこちらもチェック!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)
昼間なのに異常に眠い! その眠気の原因、『ブルーライト』かも?
欧米では失明原因の第1位!日本人にも増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?
ブルーベリー以外にもたくさんあった!眼科医が教える「目にいい食べもの」まとめ

〈参考〉
ブルーライトとは | ブルーライト研究会
http://blue-light.biz/about_bluelight/
可視光線 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%85%89%E7%B7%9A
可視光線 | 生物分子科学科 | 東邦大学
http://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/glossary/chem/visible_light.html
新しい「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」の策定について
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/04/h0405-4.html
日本眼科学会:目の病気 加齢黄斑変性
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_karei.jsp

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ