• HOME
  • エンタメ
  • 気球を見て計測するのは遠くを見るため!目の検査で使われる「オートレフ・ケラトメーター」の役割とは?
トリビア

気球を見て計測するのは遠くを見るため!目の検査で使われる「オートレフ・ケラトメーター」の役割とは?

気球を見て計測するのは遠くを見るため!目の検査で使われる「オートレフ・ケラトメーター」の役割とは?

コンタクトやメガネを常用している人であれば、目の検査を行う機会は多いでしょう。「オートレフ・ケラトメーター」という、レンズの向こう側に気球が見える機器を使ったこともあるのではないでしょうか?その際、「なんで気球なんだろう?」と疑問に思ったことがある人もいるはず。

今回は、目の検査の際に使われる機器、オートレフ・ケラトメーターについてお話ししていきます。

オートレフ・ケラトメーターは、目のピントを測定する機器

視力検査「気球」_02

目の検査の際には、レンズをのぞくと気球が見える機器が使われることがあります。これが「オートレフ・ケラトメーター」です。この機器では、目のピントや屈折力を測定しています。

最初にオートレフ・ケラトメーターをのぞくと、気球の画像にピントが合わず、ぼやけて見えることが多いですよね。しかし、次第にピントが合うようになっていくはずです。「自分の目でピントを合わせている」と思うかもしれませんが、このとき実は、機器のほうが目のピントが合う瞬間を自動で調べてくれているのです。

私たちの目は物を見るとき、目に入る光が網膜上で焦点を結ぶことにより、ピントが合う仕組みになっています。しかし、目による光の屈折が正常でなくなってしまうと、近視や遠視、乱視のような屈折異常を起こしてしまいます。この屈折異常を、目の瞳孔から網膜に光を当て、網膜から反射する光によって測定しているのが、オートレフ・ケラトメーターです。

私たちはこの機器があるおかげで、より自分に合ったメガネやコンタクトを作ることができているといえます。

画像が気球なのは「遠くを見る」ため!?

視力検査「気球」_03

オートレフ・ケラトメーターの多くは、画像に気球を用いています。実は、この気球には、「遠くを見てもらうため」という目的があります。気球の画像自体は、機器をのぞくと近くにあるように見えるかもしれませんが、レンズを使うことで、遠くに気球があるように見せているのです。

ちなみに、画像は決して気球でないといけない…というわけではありません。正確な検査のためには真ん中を見てもらう必要もあるため、中心に集中できるものであれば、気球に限らず他の画像でもよいとのこと。昔は飛行機の画像を用いている機器もあったそうですよ。

ただ見たままを答えるのはNG!正しく視力を測るための注意点とは?

視力検査「気球」_04

目の検査の際には、「C」のような輪(ランドルト環)を見て、輪の切れ目を答える検査もよく行われます。実はこれ、オートレフ・ケラトメーターによる検査とはまったく別の意味を持つもの。

オートレフ・ケラトメーターの検査では目の屈折力を測っているのに対し、ランドルト環の検査では、「本人が認識している実際の見え方」を確認しているのです。屈折力に異常がなくてもきちんと物が見えないことがあるので、どちらも必要な検査なのですね。

オートレフ・ケラトメーターでの測定が行われるときには、ほとんどセットでランドルト環による検査も行われるので、正しい検査方法を知っていて損はない!ということで、ここからは、正しく視力を計測するための3つの注意点をご紹介します。

●決められた位置から前後に動かない

検査の際に、「輪の切れ目がよく見えないから」といって、少し体を前のめりにして答えていませんか?定位置から測ることによって正しい計測が可能になるので、背筋をピンと伸ばして答えるようにしましょう。首や頭を傾けて見るのもNGです。

●両目を自然に開けた状態で対象を見る

目を細めたり片目をつぶったりして、今の視力でなんとか小さな対象まで見えるようにしようとしていませんか?気持ちは分かりますが、これでは当然、正確な視力を測ることはできません。普通に物や景色を見るのと同じように、自然に目を開けた状態で計測しましょう。器具で隠れているほうの片目も一緒に、自然に開けた状態にしておくのがコツです。

●視力検査用のメガネは動かさない

検査用のメガネを装着して行う場合は、メガネを自分で動かしたりせず、スタッフの人にかけてもらった状態のまま、視力検査を行うようにしてください。

今回は「オートレフ・ケラトメーター」に関するトリビアや、視力を測定する際の注意点についてお話しましたが、いかがでしたか?正しく検査を行い、自分の目に合うコンタクトやメガネを作りましょう!

▼視力検査に関しては、こんな記事もオススメ!
誰にでも経験のある『視力検査』いつから始まったの?そのルーツとは?
目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』
“C”だけじゃなかった!? 世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

▼最近ピントが合いづらくなった…という方はコチラもチェック
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
眼科で見せられるあの「気球」は何なのか聞いてきた|Daily portal
http://portal.nifty.com/kiji/160308195883_1.htm
メガネ屋さんで見る気球の意味は? 自動で視力測定できる機械ってどういう仕組み? 2ページ目|マイナビ学生の窓口
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/34133?page=2
視力検査で登場する気球がぼやけるのには理由があった?|子供の病気いろは
http://kodomo-byouki-iroha.com/shiryoku-kensa-kikyuu-3183.html
視力検査を受ける時の注意点。|さくら眼科 院長&スタッフblog
http://www.sakura-ganka.jp/blog/?p=4559

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

クレオパトラのド派手なアイメイク、その意外すぎる役割とは?

クレオパトラのド派手なアイメイク、その意外すぎる役割とは?

世界三大美女のひとりとして今も語り継がれる、古代エジプトの女王「クレオパトラ」。クレオパトラといえばブルーやグリーンの色鮮やかなアイメイクが有名ですが、これには美しく見せる以外の理由があったそうです。今回は、その驚くべき秘密に迫ります。

昨今ブームのキャットアイメイクをクレオパトラは紀元前にやっていた!

紀元前というはるか昔――。エジプトの王家に誕生したクレオパトラは、外見が美しかっただけではなく、数ヶ国の言葉を自在に操るなど、豊かな知性も兼ね備えた女性だったそうです。

オシャレの感度も非常に高く、日々の装いの中に宝石や香水を積極的にとり入れ、マンネリになりがちなヘアスタイルにはウィッグで変化をつけるなど、魅惑的な美しさで世の男性たちを虜にしたといわれています。

そして、クレオパトラを語るうえで外せないのが、一度見たら忘れられないアイメイクです。メイクもカリスマ的に上手だったといわれる彼女は、上まぶたにはブルーのアイシャドウをのせ、下まぶたにはグリーンのアイシャドウでラインを引き、目尻だけをはね上げた特徴的な目元に仕上げていたそうです。

これは現代でいうところの“キャットアイメイク”ですが、目を大きく見せるためではなく、感染症から目を守るための秘策だったのです。

ド派手なアイメイクはオシャレではなく、眼病予防が目的だった!

クレオパトラ_02

紀元前のエジプトは空気がひどく乾燥しているうえに衛生状態が悪く、ハエなどの害虫が水分を求めて人間の目元に集まってくることが日常茶飯事でした。その結果、ハエが運んできた細菌が目の中に入り、感染症を引き起こすことも少なくなかったそうです。当時は薬らしい薬もない時代ですから、感染症が原因で失明することも…。

そんな中、古代エジプトの研究者によって生み出されたのが、鉛と鉛塩を混ぜ合わせた顔料を目の周りに塗る方法(アイメイク)でした。鉛自体は有毒ですが、極めて少量の鉛であれば一酸化窒素が生成され、目が細菌に侵されるのを防ぐことができます。

クレオパトラが愛用していたのは、「マラカイト(孔雀石)」や「ラピスラズリ(青金石)」などの宝石を砕いて作られる顔料でした。

クレオパトラ_03

マラカイトの色は深緑、ラピスラズリは濃紺に近いブルーで、クレオパトラがこれらの色を目のふちに塗ったのが、アイメイクのはじまりだといわれています。

その後、高価な宝石に変わってアーモンドの種を黒焼きした「コール」という虫除け用の顔料が登場したことで、古代エジプト人は男女問わずアイメイクをとり入れるようになったそうです。

古代エジプトのアイメイクには魔除けの効果も!?

クレオパトラ_04

クレオパトラをはじめ、古代エジプト人の間で広く定着したアイメイク。その一番の目的は「目の感染症予防」ですが、同時に魔除けの意味もあったといわれています。

古代エジプトでは「悪魔は目や口から入ってくる」という説が根強く信じられていました。邪悪なものが体内に入ってくることを怖れた人々は、目のふちを黒く塗ることで、悪魔が近づけないようにしたのです。

また、目のふちを黒く塗ることには、砂漠地帯特有の強い日差しから眼球を守る役割もありました。海外の野球選手が太陽光の反射から目を守るために目の下を黒く塗る「アイブラック」と同じ効果があったというわけです。

クレオパトラが目元を彩ったきっかけは虫除けだったにせよ、彼女の目元が力強く輝いていたことは間違いないでしょう。「アイメイクの起源はクレオパトラ」といわれるゆえんは、そこにあるのかもしれませんね。

▼一緒に読みたいアイメイク関連記事はコチラ
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)
目元の美しさにかける女性の努力の集大成!100年分の流行アイメイクの歴史
知っておくと女子力高い!? 男性でもわかるアイメイクの基礎用語まとめ
社会人なら身につけておきたい! これで完璧!好感度アイメイク

【参考】
クレオパトラのアイメイクは何色だった?|色彩認定講師カラリスト 中塚陽子のブログ  Cocoiro Color
http://ameblo.jp/cocoiro-color/entry-12060485711.html
世界の「美女」に注目!その時代から見えてくるメイクの歴史を振り返ってみる! モアリジョブ
https://relax-job.com/more/26623
クレオパトラに習え! 女性のアイメイクにこんな裏話があったとは GLITTY
http://www.glitty.jp/2010/01/004166post_968.html
クレオパトラに代表される太いアイメイクの効果とは! 細菌予防? 魔除け? – リアルライブ
http://npn.co.jp/article/detail/05686818/
思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!~美女はナイルの賜物の国・エジプト編~ ベツバラ (vitamin ef)
http://vitaminef.jp/lifestyle/4149/
★クレオパトラのアイメイクはおしゃれのためでなかった!! 知識の泉 Haru’s トリビア
http://amor1029.exblog.jp/1608066/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ