• HOME
  • エンタメ
  • へぇ〜!となること間違いなしのトリビア 「ウミガメの涙」のウソ・ホント
トリビア

へぇ〜!となること間違いなしのトリビア 「ウミガメの涙」のウソ・ホント

へぇ〜!となること間違いなしのトリビア 「ウミガメの涙」のウソ・ホント

ウミガメの涙を見に行くツアーが、「感動する!」と根強い人気を誇っています。しかし、実は産卵時に見せるという “涙”は、いつも出ているものだということは知っていましたか?
産卵以外でウミガメが長く陸上に上がっている姿を、人が観察する機会はほとんどないため、誤解が生まれているようです。ここでは、そんな“ウミガメの涙”の真相を解説します。

【ウソ】ウミガメが涙を流す

ウミガメが産卵しながら泣いている感動のシーンは、テレビでも放映されることがありますが、涙を流しているわけではありません。実は、……ウミガメの涙の正体は“塩”なんです!
涙のように見える水は、正確には塩を含んだ粘液で、体内の塩分濃度を調整するために排出されています。排出するための器官である“塩類線(えんるいせん)”がちょうど目のところについているため、ウミガメが泣いているように見えているのです。
この“塩類線”はウミガメだけではなく、海にいる爬虫類や海鳥などについています。真水を飲まなくても生存できているのは、ここから塩分を外に排出して体内の塩分濃度を適切な状態に保っているためだといわれています。

【ホント】いつも泣いている

ウミガメの涙_2

「ウミガメはいつも泣いているらしい……」。ウミガメについてこんなウワサを聞いたことはありませんか? ……これは、“ホント”の話です!
実際に出ているのは涙ではなく、塩を含んだ粘液なので“泣く”という表現は適切ではないのですが、産卵のときだけではなく常にその粘液を排出しています。

ただ、海の中では水で流れてしまっているため、確認しづらく写真にもあまり写りません。ほとんどを海の中で過ごしているウミガメが長く上陸するのは、“産卵”のとき。そのとき、ウミガメの体が乾いてくるため粘液が目立ち、“産卵のときにウミガメが涙を流す”感動のシーンを作っているのです。
流れ出てくる粘液に砂がつくことでより濃くハッキリと見えるため、産卵時には塩類線からの分泌物を確認しやすくなる、というわけです。

【ホント】涙は目の乾燥を防ぐために流れている

ウミガメの涙_3

体内の塩分濃度を下げるために排出されている塩水の粘液ですが、産卵のときに陸に上がっているときには、それ以外の役割も果たしています。その役割とは、「目の乾燥を防ぐこと」
普段水中にいるウミガメの目は、陸に上がるとすぐに乾いてしまいます。体外へ塩分を排出する塩類線からの分泌液は目の乾燥を防ぐにも最適です。
塩類線から出ているものは“涙”ではなく塩水で、産卵時以外にも流れていますが、陸に長時間上がるときには乾燥も防いでくれるスグレモノなのです。

【オマケ】ペンギンにも塩類線がある

ウミガメの涙_4

塩類線はウミガメ以外にもついているとご紹介しましたが、皆さんのよく知っている海鳥の中にも塩類線をもつ生物がいます。それが“ペンギン”です。
“ペンギン”の場合は、目元ではなく鼻に塩類線の出口が付いているため、鼻水が噴射されているように見えるのが特徴です。水族館などで陸に上がっているペンギンを観察していると、時折、頭を振って霧状の鼻水を飛ばしている姿が見られますが、これがまさに塩類線から粘液を飛ばしている様子です。

動物のちょっとしたトリビアを知っていると、水族館や動物館へ行くのも楽しくなりそうですね。次に水族館などに行った際には、ぜひ確かめてみてください!

▼もっと知りたい!「涙」に関するトリビアはこちらです
【閲覧注意】目から小石や水晶、血が流れる!? 涙以外のモノが目から出てくる不思議な現象

知っていますか?『涙』の正体!『涙』にまつわる4つのトリビア

怒っている時はしょっぱい涙?喜怒哀楽の感情で“涙の味”が変わる!?

【参考】
ウミガメの産卵の涙:雑学大全
http://e-zatugaku.com/seibutu/umigame.html
ウミガメQ&A
http://www.umigame.org/J1/umigame_q_a.html
塩類腺とは – 生物学用語 Weblio辞書
http://www.weblio.jp/content/塩類腺
ペンギンの身体 1
http://www.pen-t.com/seikatu/pen-body2.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

子ども

「口で形を見ている」ってどういうこと? 赤ちゃんの見る世界とは

「口で形を見ている」ってどういうこと? 赤ちゃんの見る世界とは

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ目でモノを見ることができません。当然のことのようですが、実は自然界でこのように未熟な姿で生まれてくる生き物は、極めて限定的な存在だそうです。
そんな人間の赤ちゃんは、なんと“口で形を見ている”のではないか、と唱える説があります。それは一体、どういうことなのでしょう?

人間の赤ちゃんは「就巣性」と呼ばれる

哺乳類の中には、生まれてすぐに活発に活動する生き物が数多くいます。例えばウマが生後すぐに立ち上がることはよく知られていますし、サルなどの霊長類も生まれて間もなく目が開き、自力でお乳を飲みにいくことができます。

赤ちゃんの見る世界_02

このように、生後すぐに高い自立性を持つ生き物を“離巣性(りそうせい”動物と呼び、親の保護がなければ生存できない生き物を“就巣性(しゅうそうせい)”動物と呼んでいます。一般的に、就巣性動物にはモグラなどの小型動物が多いとされており、一部の例外を除くと、ヒトのような大型哺乳動物で就巣性を示す生き物は多くありません。

赤ちゃんがお腹の中にいる期間って、実は短い?

ヒトが就巣性を持つ理由はいくつか考えられていますが、もっとも大きな原因として考えられているのが、頭の大きさです。
大脳を発達させたヒトの新生児は、自力では持ち上げられないほど大きな頭部を持っています。また、ヒトは二足歩行を発達させたことで骨盤が小さくなり、このことからも離巣性動物のように成熟した姿で生まれてくることができません。

赤ちゃんの見る世界_03

こうしたヒト特有の現象を、スイスの生理学者アドルフ・ポルトマンは「生理的早産」と呼びました。ヒトの出産は1年ほど早くおこなわれるという考え方のことですが、ポルトマンはヒトの乳児期(生後1年ほど)を「子宮外胎児期」とも呼んでいます。
しかし、こうしたヒト特有の特徴は、脳をはじめとする感覚器の発達をうながしました。
随意運動ができず、極めて依存的と思われるヒトの赤ちゃんですが、実は脳の活動は他の哺乳類とは比較にならないほど活発に働き続けているのです。

赤ちゃんは視覚野で感覚を“見て”いる?

生後数日の赤ちゃんが、お母さんの顔を見つめるような動作をおこなうことや、表情の変化に反応することが確認されています。
目の見えない赤ちゃんが“見る”とは奇妙な感じがしますが、赤ちゃんが“見る”行為には、まだ未分化な脳の活動を互いの感覚器が補おうとすることが起因しているのではないかと考えられています。

実は、生後間もない新生児は、脳の視覚野と感覚野などの五感の棲み分けが完全にはおこなわれていません。つまり、本来なら感覚野で処理すべきさまざまな触覚を、新生児の頃には“ある種のイメージ”として視覚野でも感じ取っているのではないか? と考えられているのです。

赤ちゃんの見る世界_04

例えば、オシャブリをくわえている赤ちゃんがいるとします。しかし、この時の赤ちゃんは“口という目”を通じて、オシャブリの存在を“見ている”のかもしれないのです。
もしかすると、大人の目には見えない愛情という感情も、赤ちゃんには“見えている”のかもしれませんね。

▼ヒトや動物の目の不思議なら!?
まぶしいくらい!キラキラ輝く子どもの目 曇りなき眼に近づくための方法とは?

人類の祖先は黒目だけだった!? 人間に『白目』がある理由

体の大きさよりも走る速度に由来!? 哺乳類の“目のサイズ”の秘密

あの動物はどんな目を持ってるの? 生き物たちの目の種類を調べてみた

ペットにはどう見えている!? 人間と動物の見え方の違いを探ってみた!

【参考】
論文 – Ebbinghaus IllusionによるVisual Captureの検討
http://www.sguc.ac.jp/assets/files/kiyou/04_ohhashi.pdf
Nature – Intermodal matching by human neonates
http://www.nature.com/nature/journal/v282/n5737/abs/282403a0.html
おやこ – 生理的早産
http://www.oyako.info/home_cont/c_senmon_01.php

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ