• HOME
  • エンタメ
  • 頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”
読み物

頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”

頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”

自分の“利き目”を意識したことはありますか?実は、両目でモノを見ているつもりでも、手と同じように、目にもよく使う側があります。しかし、この“利き目”に頼りすぎることにも問題が。自分の癖を知って、“利き目”の過重労働を解消してみましょう!

日本人の70%以上が「右目が“利き目”」

人間は両目でモノを見ますが、実際には均等ではなく左右で微妙にズレています。このズレは『両眼視差」と呼ばれ、モノを立体的にとらえるための働きがあります。また、脳には視覚情報を受け取って整理する際に、どちらか一方の目から見た情報をより優先するという働きがあるそうです。この優先される方の目を“利き目”と呼びます。

日本人の多くは「右目が利き目」であるという話もあるようです。また、野球選手はバッターボックスに立つ際、“利き目”がピッチャー側だとよいそうです。スポーツ選手は視野の問題からこの“利き目”が成績につながることも多いようで、そのために矯正する人もいるのだそうです。

自分の“利き目”を調べてみましょう!

それでは実際に自分の“利き目”を調べてみましょう!

①体からできるだけ離した状態で、両手の人差し指と親指を使って輪をつくる

②遠くの目標物を決めて輪の中に収まるようにして見つめる

③片方の目を閉じて、右目と左目、それぞれ片方ずつの目で見る

輪の中の目標物が、両目で見ている時と同じように、ズレずに見えている方が“利き目”です。

“利き目”に頼りすぎることの問題とは?

kikime_02

さて、この“利き目”にばかり頼りすぎることには、いろいろと問題もあります。

まず、“利き目”ではない方の目の視野が狭まり、そちら側のモノを見落としてしまうことで、例えば運転中のアクシデントが起こりやすくなるということもあるようです。
また、片側にばかり負担がかかることで、体の中心軸がズレて姿勢が悪くなる、使わない方の筋肉が衰えて顔がたるむ、という目に見えるデメリットも。時には意識的に“利き目”を閉じて、反対の目でモノを見るというトレーニングをすることをオススメします!

利き手と同じように優位に働く“利き目”。なかなか自覚しにくい目の働きですが、時には意識的に“利き目”を休ませて、負担を半減してあげたいですね!

【参考】
不定期 院長ブログ−『利き目を知れば・・』
http://blog.ryuzou.com/?eid=67136

株式会社ニデック−目のおはなし−Vol.8「利き目はどちら?」
http://www.nidek.co.jp/eyestory/eye_8.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

コミュニケーションのツボはアイコンタクト!相手の目を見て話すコツ

コミュニケーションのツボはアイコンタクト!相手の目を見て話すコツ

コミュニケーションにおいて、アイコンタクトは重要な要素です。しかし、そうはいっても苦手な方も多いのではないでしょうか?

「アイコンタクトが大切なことはわかっていても、どこを見ていいのかわからず視線をそらしがち」「目ばかり見ていると恥ずかしくなってくる」とアイコンタクトの取り方で悩んでいるときに試してみたい、相手の目を見て話すコツをご紹介します!

ビジネスにおいてアイコンタクトはなぜ重要?

アイコンタクト_02

アイコンタクトをしっかり取ることはビジネスにおいてとても重要です。目と目を合わせることで、相手が自分の話していることを理解しているかどうかを判断することも、相手の話をきちんと聞いていることを伝えることもできます。

友人や家族とのコミュニケーションであれば、アイコンタクトを取らなくても「恥ずかしがり屋だから」と許してもらえるでしょう。

しかし、ビジネスにおいては「信用できない」「心ここにあらず」と思われてしまう可能性があり、アイコンタクトがなければリスクの高いコミュニケーションとなってしまうのです。

アイコンタクトを取らないと絶対にコミュニケーションが取れないわけではありませんが、営業などで想いを伝えたいときや、相手から何かを引き出したいときにはアイコンタクトが大切であることは覚えておきましょう。

会話中のアイコンタクトは目を見なくてもOK

アイコンタクト_03

会話中のアイコンタクトでは、目を見なくてもOKです。特に流れるように会話を繰り広げているようなときには、目をじっと見つめていると、相手に威圧感を与えてしまう可能性もあるため、適度に視線をそらすこともポイントになります。

会話の中で覚えていてほしいことや確認したいことでは、相手の目をしっかりと見つめてアイコンタクトを取る必要がありますが、そうでないときには、眉間の辺りに視線を合わせてぼんやりと見つめるようにしてみましょう。

目をハッキリ見ているわけではないので気恥ずかしさは和らぎ、相手の目の辺りを見ていることで「目を見て話をしている」印象を与えることができます。

アイコンタクトを取るコツ

アイコンタクト_04

アイコンタクトを取るコツは、眉の辺りをぼんやりと見るようにすることもひとつですが、「アイコンタクトを取るぞ」と目で見ることに意識を向けるのではなく、会話の内容や、自分の心・考えに意識を集中させるのも一手です。

目で見ることから意識がそれることで、「どこを見たらいいのだろう」「顔の表情はどうしたらいいかな」といったことを考えずに会話を続けられるようになります。

また、相手の目を見るときも、30秒程度で視線を外すようにするのがコツです。41秒以上見つめ続けると相手に圧迫感を与えてしまうという研究結果も出ているため、ここぞというときだけ相手の目を見て、スッと視線を外すのがポイントになります。

アイコンタクト_05

コミュニケーションのツボであるアイコンタクトですが、見つめ続けすぎるのもマイナスイメージにつながってしまいます。

相手の目を見ることを苦手に感じているなら、まずは眉間の間に視線を持っていき、相手を見ることではなく会話や自分の考えに意識を向けてみてください。

それに慣れてきたら、しっかり伝えたいことをいうときだけ30秒ほど目を見るようにして、アイコンタクトマスターを目指してみましょう!

▼コミュニケーションに関するこんな情報も見てみよう!
オランウータンとヒトの目は似ている? 共通点は “コミュニケーション”のとり方にあった!

▼仕事のし過ぎで目に疲れがたまっていませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
視線が苦手?相手の目を見られない人がやるといい2つの方法|「マイナビウーマン」
https://woman.mynavi.jp/article/140925-178/
人の目を見て話をするコツ|現役·心理カウンセラーの『知って得する心理学』+α
https://ameblo.jp/will3104/entry-11652018680.html
仕事がデキると言われている人が必ずおさえている交渉・商談の鉄則/和知鋭二郎・クロスメディア・パブリッシング(インプレス) ・2009/1/16

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ