• HOME
  • エンタメ
  • 頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”
読み物

頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”

頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”

自分の“利き目”を意識したことはありますか?実は、両目でモノを見ているつもりでも、手と同じように、目にもよく使う側があります。しかし、この“利き目”に頼りすぎることにも問題が。自分の癖を知って、“利き目”の過重労働を解消してみましょう!

日本人の70%以上が「右目が“利き目”」

人間は両目でモノを見ますが、実際には均等ではなく左右で微妙にズレています。このズレは『両眼視差」と呼ばれ、モノを立体的にとらえるための働きがあります。また、脳には視覚情報を受け取って整理する際に、どちらか一方の目から見た情報をより優先するという働きがあるそうです。この優先される方の目を“利き目”と呼びます。

日本人の多くは「右目が利き目」であるという話もあるようです。また、野球選手はバッターボックスに立つ際、“利き目”がピッチャー側だとよいそうです。スポーツ選手は視野の問題からこの“利き目”が成績につながることも多いようで、そのために矯正する人もいるのだそうです。

自分の“利き目”を調べてみましょう!

それでは実際に自分の“利き目”を調べてみましょう!

①体からできるだけ離した状態で、両手の人差し指と親指を使って輪をつくる

②遠くの目標物を決めて輪の中に収まるようにして見つめる

③片方の目を閉じて、右目と左目、それぞれ片方ずつの目で見る

輪の中の目標物が、両目で見ている時と同じように、ズレずに見えている方が“利き目”です。

“利き目”に頼りすぎることの問題とは?

kikime_02

さて、この“利き目”にばかり頼りすぎることには、いろいろと問題もあります。

まず、“利き目”ではない方の目の視野が狭まり、そちら側のモノを見落としてしまうことで、例えば運転中のアクシデントが起こりやすくなるということもあるようです。
また、片側にばかり負担がかかることで、体の中心軸がズレて姿勢が悪くなる、使わない方の筋肉が衰えて顔がたるむ、という目に見えるデメリットも。時には意識的に“利き目”を閉じて、反対の目でモノを見るというトレーニングをすることをオススメします!

利き手と同じように優位に働く“利き目”。なかなか自覚しにくい目の働きですが、時には意識的に“利き目”を休ませて、負担を半減してあげたいですね!

【参考】
不定期 院長ブログ−『利き目を知れば・・』
http://blog.ryuzou.com/?eid=67136

株式会社ニデック−目のおはなし−Vol.8「利き目はどちら?」
http://www.nidek.co.jp/eyestory/eye_8.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

【動画あり】目にカメラを埋め込んだ”アイボーグ”は実在する?!

【動画あり】目にカメラを埋め込んだ”アイボーグ”は実在する?!

「目にカメラ機能がつけられていて、見たものをそのまま撮影できる」そんなSF映画やゲームの世界を実現させた映画作家がいます。自らをアイボーグと呼ぶ彼は、今後さらに改良したカメラでさまざまなことを実現させたいと考えているそうです。

今回は、アイボーグを含め、身体にマイクロデバイスなどを埋め込んで過ごすバイオハッカーについてご紹介します。

アイボーグになった映画作家

カナダ在住のロブ・スペンス(Rob Spence)さんは、子どもの頃に失明した片目に小さなカメラを入れ、撮影ができるようにしています。まだまだ撮影時間も短いのですが、今後は長時間の撮影ができるようにしていくなど、さまざまな構想を練っているそうです。

マイクロチップを埋め込んで電気信号で“見える”ようになる?

※【閲覧注意】手術映像が含まれています。

アイボーグのロブ・スペンスさんのドキュメンタリー映像には、目が見えない方が目の中にマイクロチップを埋め込み、電気信号を脳に送れるようにした話が収録されています。実験の結果は、物の形を見て何が目の前にあるのかわかるようになり、成功だったそうです。

盲目の方も手術によってものが見えるようになる、そんな時代がもう目の前にあるのかもしれません。

バイオハッカーって何?

アイボーグ_02

バイオハッカーとは、皮膚の下にマイクロデバイスなどを埋め込む人の総称です。中には、LEDのシリコンインプラントを入れて手が光るようにする人や、専用の機械にかざすと決済ができる認証チップを入れる人もいます。

身ひとつで鉄道に乗り放題!

アイボーグ_03

皮膚の下に、認証チップを入れた人が実際にそのチップで決済をし、鉄道に乗れる国があります。その国とは、スウェーデンです。

国営の鉄道会社では、体内に埋め込まれた認証チップをスキャンする料金支払い方式を導入しています。お金やクレジットカードなど支払いができるアイテムを何も持たなくても、鉄道に乗れるようになっているのです。

健康への影響も懸念されている皮膚の下に埋め込むマイクロデバイス。いずれはそうした問題もクリアされ、誰もが身体に埋め込まれたチップによって決済などもすべてできるようになる、そんな未来がやってきそうです!

▼未来が見えてくるようなハイテクアイテムについてまとめた記事はこちらもおすすめです!
まるでSFの世界! 3Dプリンターでハイテク義眼を印刷するプロジェクト
ウインクするだけで写真が撮れる!?世界最速ウェアラブルカメラ『BLINCAM』とは
点字のスマートウォッチ、睡眠効果UPのアイマスク……視覚に関するウェアラブル・デバイスの進化がすごい!

▼技術は発展しても、人間の目はそうはいきません…目の疲れにはご注意を!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
マイクロチップを身体に埋め込んで自分を“アップグレード”する若者たち | クーリエ・ジャポン
https://courrier.jp/news/archives/892/
The Eyeborg Project
http://eyeborgproject.tv/
TEDXBrussels – Rob Spence – Eyeborg, the Enhanced Self – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=CfCS-YcD-O4
「体内Suica」で乗り放題! スウェーデンの鉄道が新システムを導入 | BUSINESS INSIDER JAPAN
http://www.businessinsider.com/heres-why-body-hacking-is-taking-off-2015-7?utm_source=intl&utm_medium=ingest

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ