• HOME
  • エンタメ
  • 頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”
読み物

頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”

頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”

自分の“利き目”を意識したことはありますか?実は、両目でモノを見ているつもりでも、手と同じように、目にもよく使う側があります。しかし、この“利き目”に頼りすぎることにも問題が。自分の癖を知って、“利き目”の過重労働を解消してみましょう!

日本人の70%以上が「右目が“利き目”」

人間は両目でモノを見ますが、実際には均等ではなく左右で微妙にズレています。このズレは『両眼視差」と呼ばれ、モノを立体的にとらえるための働きがあります。また、脳には視覚情報を受け取って整理する際に、どちらか一方の目から見た情報をより優先するという働きがあるそうです。この優先される方の目を“利き目”と呼びます。

日本人の多くは「右目が利き目」であるという話もあるようです。また、野球選手はバッターボックスに立つ際、“利き目”がピッチャー側だとよいそうです。スポーツ選手は視野の問題からこの“利き目”が成績につながることも多いようで、そのために矯正する人もいるのだそうです。

自分の“利き目”を調べてみましょう!

それでは実際に自分の“利き目”を調べてみましょう!

①体からできるだけ離した状態で、両手の人差し指と親指を使って輪をつくる

②遠くの目標物を決めて輪の中に収まるようにして見つめる

③片方の目を閉じて、右目と左目、それぞれ片方ずつの目で見る

輪の中の目標物が、両目で見ている時と同じように、ズレずに見えている方が“利き目”です。

“利き目”に頼りすぎることの問題とは?

kikime_02

さて、この“利き目”にばかり頼りすぎることには、いろいろと問題もあります。

まず、“利き目”ではない方の目の視野が狭まり、そちら側のモノを見落としてしまうことで、例えば運転中のアクシデントが起こりやすくなるということもあるようです。
また、片側にばかり負担がかかることで、体の中心軸がズレて姿勢が悪くなる、使わない方の筋肉が衰えて顔がたるむ、という目に見えるデメリットも。時には意識的に“利き目”を閉じて、反対の目でモノを見るというトレーニングをすることをオススメします!

利き手と同じように優位に働く“利き目”。なかなか自覚しにくい目の働きですが、時には意識的に“利き目”を休ませて、負担を半減してあげたいですね!

【参考】
不定期 院長ブログ−『利き目を知れば・・』
http://blog.ryuzou.com/?eid=67136

株式会社ニデック−目のおはなし−Vol.8「利き目はどちら?」
http://www.nidek.co.jp/eyestory/eye_8.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

手軽にプチ整形!『まぶたの脂肪吸引』のメリット・デメリットについて

手軽にプチ整形!『まぶたの脂肪吸引』のメリット・デメリットについて

今や、プチ整形で誰でも理想の目元を手に入れられる時代。まぶたの脂肪吸引も、「くっきりとした二重まぶたをつくりたい!」という女性の願いを叶える、プチ整形のひとつです。しかし、本当に効果があるのか、どのようなリスクがあるのかについては、よく分かっていない人も多いはず。

今回は、まぶたの脂肪吸引の施術方法や、メリット・デメリットについてまとめてみました。

くっきり二重を実現できる?まぶたの脂肪吸引とは

まぶたの脂肪吸引は、厚く垂れ下がったまぶたの脂肪を取り除き、パッチリ目元やくっきり二重を実現するプチ整形のひとつです。

まぶたの脂肪には、まぶたの奥のほうにある眼窩脂肪(がんかしぼう)と、まぶたの表面に近い部分にあるROOFの2種類があり、まぶたの脂肪吸引ではより厚みのある眼窩脂肪を取り除きます。

まぶたの“脂肪吸引”とはいっても、まぶたの皮膚はもともと薄く、そのすぐ下に眼球があることを考えると、吸引器具を差し込んで脂肪を吸い出すのは非常に危険です。そのため、上まぶたを小さく切開し、その穴から少しずつ脂肪を引き出して取り除く方法がとられます。

腫れぼったいまぶたが改善?まぶたの脂肪吸引のメリット

まぶたの脂肪吸引_02

まぶたの脂肪吸引には、主に以下に挙げる2つのメリットがあります。

●眼窩脂肪がもともと厚い人は、目元がスッキリする

眼窩脂肪は、まぶた表面にある脂肪のROOFに比べれば、しっかりと厚みのある脂肪です。そのため、もともと眼窩脂肪が厚い人や、眼窩脂肪が二重線にかかるほど垂れ下がっている人の場合は、まぶたの脂肪吸引により眼窩脂肪を除去することで、目元がスッキリと見えることがあります。

●埋没法の効果を高める

埋没法とは、医療用の細い糸を用いてまぶたを内側から留め、くっきりとした二重をつくるプチ整形のひとつです。メスを使わず、ほかの施術に比べて目への負担も少ないことから、人気を集めています。

ただし、ただまぶたを糸で留めているだけなので、糸がゆるんだりたるんだりする可能性があることは、埋没法のデメリットのひとつ。術後の経過とともにまぶたの脂肪の重みや重力の影響を受け、希望通りのくっきりとした二重にならないこともあります。

しかし、まぶたの脂肪吸引によってあらかじめ眼窩脂肪を除去しておけば、より埋没法の効果を高めることができます。クリニックによっては、埋没法とまぶたの脂肪吸引がセットになっているところもあるようです。

本当に効果があるの?まぶたの脂肪吸引のデメリット

まぶたの脂肪吸引_03

まぶたの脂肪吸引には一定の効果が現れる人もいる一方で、以下に挙げる3つのデメリットもあります。

●施術に向いている人と向いていない人がいる

前述の通り、眼窩脂肪はまぶたの奥にある脂肪なので、たとえ取り除いたとしても、よほど眼窩脂肪に厚みがある人やかなり垂れ下がっている人でない限り、見た目にはっきりとした効果は現れません。

二重への影響は、まぶた表面に近いROOFや目周辺の眼輪筋のほうが大きいので、まぶたの脂肪吸引単独では、期待するほどの効果が得られないことも少なくないのです。

また、そもそも、小さく切開したくらいの穴では脂肪が十分に取り除けないと考える医師もいます。

●脂肪を取り過ぎると逆効果になる

眼窩脂肪の厚みが標準程度の人、または、標準より薄い人にまぶたの脂肪吸引を施すと、脂肪を取り過ぎてしまう可能性があります。将来的に目の上がくぼみやすくなることにつながるので、美容の観点からいえばむしろ逆効果だといえるでしょう。

●ダウンタイムを考慮する必要がある

ダウンタイムとは、施術を受けた後、日常生活に復帰できるまでの期間を指します。代表的なダウンタイムの症状は痛みや腫れ、内出血などで、これらはもちろん、まぶたの脂肪吸引後も起こる可能性があります。

ダウンタイムの期間や症状は施術方法によって異なりますが、同じ施術方法でも医師の技術力によって差が出ることもあります。そのため、信頼できるクリニックで施術を受けることが大変重要です。

プチ整形には、高額なお金を払ったにもかかわらず、効果が出なかったり、失敗してしまったりするリスクももちろんあります。施術を受ける前に、本当に必要なことかよく考え、自分の体のことをきちんと考えてくれる医師に相談することをおすすめします。

▼整形せずに魅力的な目元をつくる方法ってあるの!?
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)
美人やイケメンは自分で作る時代!NO整形で目と眉毛を近づける裏技
カワイイはつくれる!目を大きく見せる涙袋の作り方
「アイプチ」ユーザー必見!自然な二重を作るコツと注意点まとめ

<参考>
二重プチ整形にまぶたの脂肪吸引は必要? クリニック別の手術プラン
https://nicoly.jp/article/817
脂肪とり、厚みとり|まぶたをむくみにくく二重を取れにくくする方法
http://www.motobi.jp/treatment/1718/
まぶたの脂肪吸引は効果が少ない!医師が教える効果と注意点
http://kirei-kyokasho.com/eyelid-liposuction-2354#i-2
埋没法とは|人気医師が答える二重の整形エトセトラ
http://www.sbc-futae.com/maibotsu.html
美容整形のダウンタイムとは?
https://www.biyou-antiageing.net/faq/faq008/
腫れぼったい目元もすっきり!まぶたの脂肪吸引の施術まとめ
https://nicoly.jp/article/6251

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ