• HOME
  • エンタメ
  • トルコ旅行で一番人気のお土産 青い目玉『ナザール・ボンジュウ』とは?
読み物

トルコ旅行で一番人気のお土産 青い目玉『ナザール・ボンジュウ』とは?

トルコ旅行で一番人気のお土産 青い目玉『ナザール・ボンジュウ』とは?

トルコを旅すると、お土産屋さんをはじめ、レストランやホテルなどでも青い目玉のモチーフが売られているのをよく見かけます。『ナザール・ボンジュウ』と呼ばれるその目玉には、一体どんな意味が込められているのでしょうか?

トルコの街を彩る『ナザール・ボンジュウ』 青い目玉の迷信と歴史について

トルコの街中のいたるところで目にする青いガラスの目玉。これはトルコ語で『ナザール・ボンジュウ』と呼ばれる、魔よけの一種です。
『Nazar(ナザール)』が邪視、『Boncugu(ボンジュウ)』が目玉を意味し、『凶眼の魔力』を持っているといわれています。その目の威力が、ねたみや災いをもたらす視線から私たちを守ってくれると信じられているのです。
昔から中東やヨーロッパ地中海地方では、「羨望のまなざしにさらされると悪いことがおこる」、「青い目の視線は呪いをもたらすことがある」と言い伝えられてきました。その歴史は古く、紀元前3世紀ごろのシュメール王国の墓からも目のモチーフが発見されているそうです。
ほかにも、ハンムラビ法典の一説『目には目を、歯には歯を』がもとになっている、という一説もあります。『目には目を』が『邪視には邪視を』となり、邪気を弾き返すために目玉で対抗するというわけです。そして、ある日突然『ナザール・ボンジュウ』が割れると、邪視から身を守ってくれた、と解釈するのです。

画像2

トルコの冠婚葬祭にも欠かせない『ナザール・ボンジュウ』

トルコでは、赤ちゃんが誕生すると、ベビー服やベビーベッドに『ナザール・ボンジュウ』入りの金貨などが飾られます。新しく家を購入したときや、会社を設立したときに、玄関先に大きな『ナザール・ボンジュウ』を飾るのも昔からの習慣です。

古い家屋の中には、玄関扉の一番目立つ部分に『ナザール・ボンジュウ』が埋め込まれている光景もよく目にします。家を建てる時点でそこにはめ込むように設計されていることからも、『ナザール・ボンジュウ』がトルコ人の生活に深く浸透していることがわかります。
また、日本人にはあまりなじみのない考え方なのですが、トルコでは「美人ですね」、「おきれいですね」といった外見のみを指すほめ言葉は“ねたみ”と解釈され、よくないとされています。

相手のいい部分をほめる場合には、自分には邪視がなく、さらに世の邪視から守ってもらえるよう、「Nazar degemesin」(ナザールが触れませんように)という言葉をかける習慣があるそうです。トルコ人女性と接する機会がある際は気をつけましょう。

大切な方へのプレゼントに! 日本で手に入る『ナザール・ボンジュウ』

トルコで一番人気のお土産といっていいほどポピュラーな『ナザール・ボンジュウ』。
トルコ国内のお土産屋さんはもちろん、ドライブインやレストランでも購入できるそうです。
「トルコに行く予定はないけど、ぜひほしい!」という方は、日本では通販サイトなどで購入することができます。ぜひ、そちらを見てみてください。

結婚祝いや出産祝い、さらには新築祝いなど、社会人は贈りものをする機会が意外と多いものです。新しい門出を迎える方への贈りものとして、トルコのお守りを贈ってみてはいかがでしょうか。

▼目にまつわる記事はコチラ

10月10日は「目の愛護デー」 親子で一緒に!目の健康と疲れ目チェック

目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』

【参考】
ガラスの目玉のトルコ土産、ナザールボンジュウ [トルコ] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/405231/
トルコ旅行のお土産にしたい!人気雑貨ガラスの目玉について | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine
http://magazine.campus-web.jp/archives/332881
Hediyelik Ürünler Hello Kitty Ürünleri Atasay Online Mağaza
http://shop.atasay.com/?kategori-1087-hello-kitty-urunleri

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

何も見えない暗闇の中で食事!? 世界が注目する暗闇イベントとは?

何も見えない暗闇の中で食事!? 世界が注目する暗闇イベントとは?

右や左はもちろん、自分が目を開けているかどうかすらわからない……。そんな暗闇の中で、食事やワークショップを体験できる暗闇イベントが世界各地で開催され、注目を集めています。そんな気になる“暗闇の世界”をちょっとのぞいてみましょう。

見えない不安を逆手にとった 暗闇レストランが世界中で大盛況!

私たち人間は、情報の80%以上を視覚から得ているといわれています。そのため、見たいものが見えない状況がしばらく続くと、大きなストレスにつながります。急な停電で視界が奪われると不安になるのは、こうした理由なのです。

画像2

そんな中、真っ暗闇の中で食事が楽しめるレストランがヨーロッパをはじめ、ニューヨークやロサンゼルス、オーストラリアで続々とオープンし、大盛況を収めています。手元すら見えない暗闇の中で、一体どのようにして食事をするのでしょうか?

一歩足を踏み入れたらそこは暗闇!? 料理を探り当て、口に運ぶまでひと苦労

最初にご紹介するのは、暗闇レストランの元祖。1999年にオープンした、スイスのチューリッヒにある『blindekuh』というお店です。
外見は普通のレストランと変わりはありませんが、灯りがあるのは受付のみ。客はそこでメニューを選ぶと、携帯電話をはじめとする貴重品を受付に預けます。そして、いざ暗闇の中へ……!
客は給仕人の肩につかまり、一列になって席まで進んでいきます。席について食事を始めようにも、そこは暗闇。目の前にセッティングされたフォークとナイフを探り当て、皿の上の料理を口に運ぶまでに、かなりの苦労を要するようです。

画像3

体験者たちは口々にこう語ります。
「魚料理を注文したはずなのに、口に入れても魚なのか肉なのか、よくわからなかった」
「ずっと苦手で口にさえしなかったキノコを、今日だけは美味しく食べることができた」

普段の何気ない生活の中で、自分たちがいかに視覚に頼っていたのかを思い知らされたそうです。

その一方、テーブルごとに配置された給仕人たちはテキパキと料理を運び、ワインの栓を開け、不安がる客たちに「大丈夫ですか?」と声をかけては、キッチンに戻っていきます。暗闇の中で、なぜ自由に動けるのでしょうか?
その答えは、彼らが視覚障害者だからです。この『blindekuh』は、視覚障害者の雇用を支援し、健常者に視覚障害者の日常を理解してもらうために誕生したレストランだったのです。暗闇レストラン『blindekuh』は、目の見える人間と不自由な人間の立場が完全に逆転する、不思議な空間なのです。

一度体験するとクセになる!? 2割超がリピーターになる暗闇イベント

日本でも暗闇イベントを体験することができます。東京都渋谷区に開設された暗闇空間で、案内人役のアテンドに導かれながら、さまざまなシーンを体験できる『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』というイベントをご紹介しましょう。

画像4

暗闇に入る前に参加者は1人に1本ずつ、視覚障害者用の白杖(はくじょう)が渡されます。この白杖で足元を探りながら、6~8人のグループで行動をともにします。90分間、完全な暗闇の中で自然とふれあったり、ゲームをしたり、カフェで好きなものを頼んで飲むなど、その内容は季節ごとに変わるそうです。

暗闇の中を一緒に歩くアテンドは、こちらも全員が視覚障害者です。彼らは暗闇のエキスパートですから、参加者たちは安心して暗闇を楽しめるというわけです。
そして不思議なことに、この『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』を一度体験すると、「またあの暗闇に戻りたい」「今まで見えなかったものが“見えた”」と感激し、2割以上の人がリピーターになるそうです。

見えない世界で一体何が見え、感じられるのでしょうか?
その答えはあなた自身で体験し、探してみてください。

【参考】
“見えない”を体験できる暗闇レストラン – ビジネススタイル – nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/world/070314_blindekuh/
ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/
Shimicom presented by ION Kesho
http://shimicom.net/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ