• HOME
  • エンタメ
  • 発明したのは誰?意外と知らない 『コンタクトレンズ』の歴史
コンタクト

発明したのは誰?意外と知らない 『コンタクトレンズ』の歴史

発明したのは誰?意外と知らない 『コンタクトレンズ』の歴史

角膜にコンタクト(=接触)させて装用し、視力を矯正するコ『ンタクトレンズ』。視野が広く、温度差があってもレンズが曇ることなく、装用していることが他人からもわかりづらい点から、視力に悩む人にとっては心強~い味方ですよね。しかしながら、そのコンタクトレンズのルーツについて、意外と知らない人も多いのではないでしょうか?
今回は、そんなコンタクトレンズの歴史についてご紹介します。

コンタクトレンズの原理を発見したのは、あの天才画家だった!

contact-his_02
出典:Wikipedia-レオナルド・ダ・ヴィンチ

時は1508年――。水を張ったガラス製のボウルに顔をつけ、目を開けるという実験をしたところ、外界の見え方が変わるということを発見した男がいました。
彼の名は、レオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ!この発見こそがコンタクトレンズの原点とも言われています。このことから、モナ・リザなどを描いた画家として著名なダ・ヴィンチがコンタクトレンズの原理の創案者と考えられているんです。
彼は芸術家としてだけでなく、科学や建築などの分野でも数々の業績を残しており、中でも人体の解剖学にも興味があったことから、「目についても探求していたのではないか?」 とも言われているんだとか。

その後、1887年にオーゲン・フィックという人物が、ガラス製のレンズを人間の目に装用することを思いつき、ウサギの眼で石こうの型を作って試します。、
このことを『Eine kontactbrille」という本に記したことから、“kontactbrille”がコンタクトレンズの名前の由来となりました。
そして同じころ、アウグスト・ミューラーという人物が自作のレンズを彼自身の近視の眼に装用し、視力矯正を試みます。これは、かなり勇気がありますね……。しかし、あまりの痛みからあっという間に目が充血し、装用時間はわずか30分ほどだったとか。何しろガラス製のレンズですから、痛いはずですよね。
装用感があまりに悪いことから、1934年に生まれたプラスチックに改良を加え、1938年にPMMA(ポリチルメタクリレート)という素材が開発されました。これが、現在で言う『ハードコンタクトレンズ』の原型です。

このハードレンズが一般に普及し始めますが、装用に慣れるまで時間がかかったり、長時間の使用ができないなどの問題が多発。
これは角膜の代謝に必要な酸素を通さないことが要因とわかり、1970年頃から酸素を通すハードコンタクトレンズの開発が進められます。
そしてようやく1978年にガス透過性ハードコンタクトレンズが誕生。それ以降、さらに研究や改良を加えながら、現在のコンタクトレンズの形に至りました。

多様に進化し続けていくコンタクトレンズ

『ソフトコンタクトレンズ』はというと、1955年頃からチェコスロバキアで研究が進められました。この技術を元にして、1965年頃にアメリカで世界初のソフトコンタクトレンズが開発され、1971年に初めて一般に販売されます。ハードレンズに比べて酸素透過性も高く、装用感もいいため、各国のコンタクトレンズ普及率が飛躍的に上がりました。
その後は、「トラブルを起こす前に新しいものに替える」という考え方も生まれ、使い捨てレンズが誕生します。とはいえ、これも1984年のこと。そんなに昔のことではないんですね。

そして、現代では視力矯正だけでなく、ファッションの一部として黒目の色を変えるカラーコンタクトレンズや黒目をはっきりさせるサークルレンズなどが登場しています。
さすがの天才ダ・ヴィンチも、ここまでの進化は予測できなかったのではないでしょうか?

ところが最近は、周りをよく見るためのコンタクトレンズのはずなのに、間違った使用法などによるトラブルが急増し、中には失明に至ってしまうケースも……。

先人たちの苦労を思えば、誰もが購入できる手軽さは喜ばしいことですが、コンタクトレンズは眼球に直接触れるもの。眼科医や専門医の指導をしっかり受け、自分に適したものを選びたいものですね!

【参考】
Eye Plaza-コンタクトレンズの歴史 http://www.eyeplaza.co.jp/history.html
Menicon コンタクトレンズ百科事典-コンタクトレンズの歴史 http://www.menicon.co.jp/whats/encyclo/lib_c/conte.html
千寿製薬株式会社-なるほど!目の雑学−コンタクトレンズを考案したのはあの天才!? http://www.senju.co.jp/consumer/resteye/zatsugaku/003.html

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

目が乾いて涙の状態が不安定になると、目が疲れやすくなることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

コンタクト使用時の目の悩みはなんですか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

1品2役で、コンタクトの乾きを癒す目薬にも、コンタクトレンズ装着液にもなる目薬として「ロートCキューブプラス ダブルフィット」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

コンタクトの目の疲れやかゆみを癒すコンタクト用目薬として、「ロートCキューブプラス ビタフレッシュ」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

さらに、長時間のコンタクト装用時のドライアイ(目の乾き)に、持続するうるおい感にこだわったとろみある薬液で、瞳とレンズの乾きを癒すコンタクト用目薬として「ロートCキューブプラス モイスト」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

目が乾いて涙の状態が不安定になると、目が疲れやすくなることをご存知でしたか?

  • はい
    68%
  • いいえ
    32%
Loading ... Loading ...
Q2

コンタクト使用時の目の悩みはなんですか?(複数回答可)

  • 目が乾く(ドライアイ)
    61%
  • 目がしょぼしょぼする
    35%
  • 目の酷使・疲れ
    39%
  • 目の不快感、異物感
    44%
  • 目の充血
    19%
  • 目がぼやける、かすむ
    40%
Loading ... Loading ...
Q3

1品2役で、コンタクトの乾きを癒す目薬にも、コンタクトレンズ装着液にもなる目薬として「ロートCキューブプラス ダブルフィット」があることをご存知でしたか?

  • はい
    35%
  • いいえ
    65%
Loading ... Loading ...
Q4

コンタクトの目の疲れやかゆみを癒すコンタクト用目薬として、「ロートCキューブプラス ビタフレッシュ」があることをご存知でしたか?

  • はい
    21%
  • いいえ
    79%
Loading ... Loading ...
Q5

さらに、長時間のコンタクト装用時のドライアイ(目の乾き)に、持続するうるおい感にこだわったとろみある薬液で、瞳とレンズの乾きを癒すコンタクト用目薬として「ロートCキューブプラス モイスト」があることをご存知でしたか?

  • はい
    22%
  • いいえ
    78%
Loading ... Loading ...

コンタクトレンズの悩みや不快感の解消をサポート!

\コンタクトレンズを使う方におすすめの目薬/
装着液としても目薬としても!『ロート Cキューブプラス ダブルフィット』
装着液としても目薬としても!『ロート Cキューブプラス ダブルフィット』
朝コンタクトが入れづらい、夕方になるとコンタクトが張りつく…そんな時は『ロート Cキューブプラス ダブルフィット』。装着液としても使え、瞳のことを考えた有効成分もしっかり配合した、一石二鳥の目薬です。
うるおうだけでは取れない、コンタクトによる疲れ目対策
うるおうだけでは取れない、コンタクトによる疲れ目対策
長時間のコンタクト使用は目のかすみや疲れ目、辛い肩こりを引き起こします。『ロートCキューブプラスビタフレッシュ』はビタミンB6をはじめとする6つの有効成分で、潤すだけでは取りきれない目の疲れにスーッと効きます。
最高級のとろみベールが瞳とレンズを包み込む『ロート Cキューブプラス モイスト』
最高級のとろみベールが瞳とレンズを包み込む『ロート Cキューブプラス モイスト』
しょぼしょぼする目の乾き、コンタクトのゴロゴロ不快感には、瞳のうるおいが持続する、Cキューブ史上、最高級のとろみベールを。涙の蒸発を防いだり角膜を修復するなど、6つ有効成分が瞳やレンズの乾きをうるおします。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

コンタクト

コンタクトレンズの洗浄液は種類も豊富!違いを知って適切なケアをしよう

コンタクトレンズの洗浄液は種類も豊富!違いを知って適切なケアをしよう

ドラッグストアだけでなく、コンビニでも販売されているコンタクトレンズの洗浄液にはさまざまな種類がありますが、それぞれの違いはご存じですか?

「どれでも同じだろう」と思われがちですが、洗浄液の種類によってメリットやデメリットが異なり、適切なケアにも違いがあります。

ここでは、コンタクトレンズの洗浄液について改めて知識を深め、正しいケア方法を身につけるための情報をご紹介します。

コンタクトレンズ洗浄液の種類って?

コンタクト洗浄液_02

コンタクトレンズの洗浄液は、ソフト用・ハード用だけでなく、成分によって種類に違いがあり、その種類は大きく5つにわけられます。

<主にハードコンタクトレンズに使用するもの>

こすり洗い用クリーナー

こすり洗い専用のクリーナーで主にハードコンタクトレンズに使用します。研磨剤を含むか含まないかによって、洗浄力や使用できるレンズの種類に差が出ます。

つけおき洗浄液

酵素の力によって、レンズをつけておくだけで洗浄できるタイプです。こすり洗いが不要なものもあります。

<主にソフトコンタクトレンズに使用するもの>

過酸化水素

つけおき洗浄に一手間加えたような種類で、中和剤を入れることで化学反応を起こし、洗浄力を高めた液体にレンズをつけておきます。

MPS

オールインワンタイプで、1本でこすり洗いからつけおきまで済ませられる便利な洗浄液です。誤使用トラブルが少ないなど手軽に使えるタイプとして人気も高くなっています。

ポピヨンヨード

消毒効果の高い洗浄液で、こすり洗い後に液につけて一定時間おくことでケアをするタイプです。過酸化水素やMPSよりも消毒効果が高いソフトコンタクトレンズ洗浄液として知られています。

ソフトコンタクトレンズ洗浄液の種類別メリット・デメリット

コンタクト洗浄液_03

ソフト用の場合は特に、洗浄液の種類別にそれぞれメリットとデメリットがあります。特徴を押さえたうえで選択することが、レンズケアの大切なポイントです。

過酸化水素

メリット:MPSよりも消毒効果は高く、過敏症になる可能性も低いことが特徴です。

デメリット:目に付着すると刺激が強すぎるため、しっかりすすぐ必要があります。また、中和が終了すると消毒効果がなくなるため、持続性はあまりないこともデメリットのひとつです。

MPS

メリット:1本ですべてが完了するため手軽で、コンタクトレンズへの影響も少ない洗浄液です。

デメリット:他の洗浄液よりも消毒効果が低く、レンズケースは毎日洗って乾燥させ、1~3ヶ月ごとに交換が必要です。

ポピヨンヨード

メリット:洗浄力が高く、過酸化水素よりも目への刺激が少ないことがポイントです。

デメリット:すすぎはしっかり行う必要があることと、主成分のヨウ素にアレルギーがあると使用できないことがデメリットとして挙げられます。

コンタクトレンズの正しいケア方法を覚えよう

コンタクト洗浄液_04

コンタクトレンズは正しいケアを行わずに装着を続けていると、目の病気を引き起こすことがあり、最悪のケースでは失明する恐れもあります。そのため、正しいケアを行うことはとても大切です。

ハードでもソフトでも、ケアを行うときには必ず手を洗ってから行います。また、洗浄液の種類によってケア方法が異なるため、正しい手順を知ったうえで日々のケアをするようにしましょう。

▼ソフトコンタクトレンズの正しいケア方法については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
コンタクト、曇ってない? ソフトコンタクトレンズの正しいお手入れ方法

コンタクト洗浄液_05

いかがでしたか?コンタクトレンズは手軽に使える便利なアイテムですが、ケアを怠ると目にとって怖い病気を引き起こす原因になってしまうこともあります。

自分に合ったコンタクト洗浄液を選び、正しいケア方法で日々のお手入れを行うようにして、いつもキレイな目元で過ごせるようにしましょう!

▼コンタクトのケアを知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
正しいレンズケアのすすめ(ロート製薬 商品情報サイト)
改めて確認しよう!コンタクトレンズの必須ケア用品
コンタクトレンズの不快感を我慢しないで! 4つのお手軽アイケア方法

【参考】
レンズケア用品の種類と特徴-レンズケア|アイアカデミー
http://www.eyeacademy.net/eyeacademy/lenzcare/kind.html
ソフトコンタクトレンズの洗浄液について|松本アイクリニック(松本眼科):茨城県龍ヶ崎市(眼科・眼医者)
http://www.matsumoto-eye.org/news/ソフトコンタクトレンズの洗浄液について

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ